《 業者テストと公立入試の採点基準 》

 ①雪がとけたら、何になる?

  ・・・・・・春になる。

 これは、確か小学低学年の理科の問題で、ある小学生がそう答えたそうです。

 
 ②四字熟語の問題で 「 〇肉〇食 」〇の中に当てはまる漢字は?

   ・・・・・焼肉定食。(正解は 「弱肉強食」)


私たちは、このように考えさせられる解答や珍解答によく遭遇します。

 想像力また別の意味での創造力には拍手喝采をしてあげますが、問題に対する正答性を問うならば、残念ながら×をしないといけません。

 しかし時と場合に限り、浪花節のような義理人情に触れ、大目に採点することもあります。

e0177961_1132262.jpg


最近の受験生にとって、特に記述問題に関しては増加傾向の一途をたどっています。
 
 福岡県公立高校入試問題では、国語の作文、数学の文章題や証明問題、社会では出来事の経緯・資料問題での説明記述、理科では現象・考察に関する記述そして英語の英作文。
 
 とにかく記述問題が盛りだくさんに出題されています。

 そのため、業者テストでその記述問題を受験生は何ども何ども試しているわけです。

■実は、その業者テストの記述問題における「採点基準」というものに、少し問題が生じてきているのではないかと考えています。

★そもそも公立入試の採点は、県教育委員会が指導している採点基準によってなされています。ところが、明らかに各高校によって実施されている採点は異なっています。 

 極端なことを言えば、「トップ校と最下位の高校の採点基準は同じか?」というと、いかがでしょう?おそらく異なっていると考えています。
 
 こういうデータは、合格した生徒たちがこぞって報告してくれる各教科の点数で、けっこう表出しています。例えば、トップ校に合格した生徒の国語の点数と、偏差値10も低い高校の合格者の点数が差ほど点数が変わらないなど、、、。


★これに対して、業者テストの採点基準は志望校に関係なく、すべての答案について一様に同じなのです。

 ここに、この採点基準に対して、模擬試験と本番試験(入試)の誤差が生じることになります。 
 
 つまり、模擬試験の採点基準は、少なくとも偏差値レベルの高い高校を受験する者には、甘くつけられている可能性があると考えています。 

 実はこの件は、以前からずっと感じていました。「これじゃ、まずいな~」って。
 
「正答」を求めるのは、学習指導に対しては当然なのですが、生徒個々人の学習喚起のために大目に採点することも正直言ってあります。というのは、あまり厳しくすると、彼らの「やる気」を消失させてしまうおそれがあるからです。(いや~、採点に関しての生徒に対する「手綱の引き方」に日々苦労しています。)
e0177961_114196.jpg


★それでは、その対策としては以下のように考えています。 
 業者テストの結果データに対して上位校を志望する場合は、偏差値を少し低めに捉えておけば良いかと考えています。おそらく偏差値2ぐらい低めに。
 また、答案が返却されていると思いますので、先生方がしっかり精査してあげるのも良いでしょう。
 もちろん、ご指導される先生方が、「上位校ほど採点基準は厳しいもの」と、ご留意されて現場で指導されることは当然だと考えています。

そうですね~あと挙げられることは、
 上位校を受験する生徒は「幼稚な表現」を使用させない。あるいは「助詞」の使い方や主語・述語の使い方などを厳しく指導することなどが考えられます。
 

まあ、今回の採点基準の話はグレーゾーンかもしれません。 

 業者テスト側もこの件に関しては、善処できない問題かもしれませんし、公立各高校の採点基準は同じだと言われるかもしれませんから。


 もしかしたら、過去に「何故、あの子は不合格したのだろう?」と感じた先生は、こんな誤差も原因だったのかもしれません。

 日々受験指導されている先生方が、私が警鐘している「採点基準の誤差」にご賛同いただければ有難いと感じます。

 みなさん、これから徐々に大変になってきます。先生方も受験生たちも気合いを入れていきましょう。                  
                           以上
 


 P.S あ!そうそう。これから受験生の三者面談が実施されます。自分が志望している学校をどうしても受けたかったら、受ければいいと思いますよ。ただし、そのためには「絶対に、がんばる!」と、自分自身と周りのみんなに誓って下さい。もちろん、1校は絶対合格する学校を押さえておかないとね!  
                        
[PR]
by akashi-asunaro | 2011-11-23 02:32 | 教育 | Comments(0)