《 福岡県の私立高校と公立高校の学費 》

 わたしにも来年受験の中3の息子がいます。

 う~ん、わが子の教育はやはり難、難です。そのためか、公立高校受験は断念せざるをえません。
 ということは、私立高校入学のための「準備金」をどうにか捻出しないといけません。

 はて? 

 いくらぐらいかかるとかいな?(おおかた、知っていましたが。)

 公立と比較しながら、真面目に調べてみました。


 
              公立高校          私立A高校
 受験料           2,100                 15,000(円)
 入学申込金         5,550                 30,000(円)
*入学一時金         約100,000          施設拡充費   約180,000(円)
 (*課外費・空調費・進路指導費・同窓会費・父母会費・その他諸々)
     ①小計      約107,650                約225,000(円)


②必要物品          約100,000                約120,000(円)

(制服・体操服・靴・カバン・教科書など)

①+②合計        約207,650                  約342,500(円)


 ここまでは、毎月の校納金(授業料)以外に必要なお金になります。
 物品費用は私立高校によって異なります。

              公立高校          私立A高校
 授業料           0                   約26,000(円)
 修学旅行積立金       約5,000                  約8,000(円)
 その他           約2,600                  約5,000(円)
                         就学支援金など   ▲10,400(円)      
毎月の校納金③小計      約7,600                  約28,600(円)

①+②+③合計      約215,250                約371,100(円)  

 上記合計金額が入学時までの必要なお金になります。が、私立高校によっては、もっともっとかかる場合があります。ですから、35~45万円ぐらいの幅で必要なお金がかかる可能性があります。また、毎月の校納金についても、就学支援金等を引いても4万円前後かかる私立高校もあるようです。 
(公立私立両校ともに、模試・課外費などは別途徴収のようです。それから、私学は4月に予納金?も収めないといけない場合があります。) 

 先の「就学支援金」に関しては、所得に応じて給付額も異なるようです。その所得額とは、250万円を超える超えないが鍵を握っています。 
 詳しくは《 就学支援金って?② 》http://hinokiblog.exblog.jp/13347881/

 ◆最近、私立高校専願受験合格特典という制度を設けている高校をよく見かけるようになりました。
 それは、専願受験で合格した者は、施設拡充費を全額あるいは半額免除というもの。
 全額免除なら、入学時は公立高校の必要経費とあまり変わらないということになります。信じられません。
 この制度の影響からか専願受験もかなり増えています。
 
 ◆また、学習成績が良い受験生には、学力奨学生なる制度もあります。(授業料が全額・半額免除など)

 正直言って、私立高へ入学すると、公立と比べて3年間で学費が100~150万円ぐらい余計にかかることになります。そのため、私立受験校をきちんと、しっかり調べて選んでください。

 わたし的には、学費が余計にかかる分だけ、公立より手厚い指導がなされていると信じています。

 ~ 自分できちんとコントロール出来る子は公立高校、
      そばに誰かついてあげないといけない子は私立高校! ~

 うちの息子は、後者になります!

 あ~、これからお金を貯めないといけません。

           以上

 みんな、がんばれ!
[PR]
by akashi-asunaro | 2013-10-20 00:55 | 教育 | Comments(0)