《 徒然ダイアリー 121 》~ 何のための勉強? ~

 そもそも「勉強」って、何のため?

 正直言って、何のためでしょうね?

 塾をやっている以上、明確な答えが求められるのは当たり前。

 ならば、志望校に合格させるため!

 これが明確な答えです、塾をやっている以上は。



 しかし、大人の論理はそうかもしれません。

 が、子どもたちに学問を理解させるためには、

 そう簡単なことではないのです。


 子どもたちと付き合っていく以上、

 ポンっと塾に置き去りにされた子どもを、

 勉強させていくのは、

 とても大変なことなんです。


 なんでもかんでも親に報告してたら、

 子どもたちとの信頼関係を築くのが難しくなります。


 ある程度、塾にはそんなグレーゾーンが存在しています。

 また、それがあるからこそ子どもたちが

 明るくそして気兼ねなくしゃべってくれるのかもしれません。

e0177961_23404759.jpg


 さて、何のための「勉強」か?の答えですが、


 ①志望校に合格するため

 ②将来の職業のため

 ③大人になって困らないようにするため

 ④人から笑われないようにするため

 ⑤周りの人に迷惑をかけないようにするため

 ⑥より人間性を高めるため
 ⑦、⑧、⑨、、、、、、、、

 もう、きりがありません。

 こんなに書いていくと結局、

  「生きるため」

 かもしれません。 

 
 勉強に「 」をつけたのは、

 勉強っていうのは、何をするにもどんな状況でも必要だからです。

 ですから、「 」をつけたのはそういう意味です。

 
 大学行くにも、専門学校行くにも、

 美容師になるにしても、

 大工さんになるにしても

 すべて勉強しなくてはいけません。


 そういう意味で、

 総じて、「勉強」が必要なわけで、

 それは、ある意味

 子どもたちがこれから生きていく上での

 「大切な頭の訓練」が「勉強」かもしれません。


 また、もしかしたら

 人間死ぬまでが「勉強」かもしれません。


 おそらく、こんな話を子どもたちにしても

 分かっちゃくれません。


 ですから、

 ①志望校に合格するため

 ②将来の職業のため

 ③大人になって困らないようにするため

 の3項目しか教場では話しません。


 なんか、今回は私の指導に関する根底を書いた気がします。


 というか、ある外部からの圧力で書かざるを得ない状況で、

 書かされた気がしてなりません(汗!)。


 まあ、いいっか。


 今回は久々長くなりましたが、


 この辺で、、、。



 みんな、がんばれ!





 


 

 
[PR]
by akashi-asunaro | 2016-10-06 23:45 | こころ | Comments(0)