カテゴリ:日常の出来事( 88 )

 今年の甲子園、春の選抜高校野球を見られましたか?

 実は、元あすなろ生が今回出場していたんですよ!

 いや~、教え子が甲子園のうぐいす嬢のアナウンスで呼ばれ、
 バッターボックスに立ったときは、夢を見ているようで、またとても興奮しました。

 しかも、ベスト8まで勝ち進みました。大したものです。

 その元あすなろ生とは、東海大福岡の2年(新3年) 前原生弥くんです。
 彼は、春日野中出身です。私が担当した中2個別生から中3夏以降は本館一斉授業。

 
e0177961_19465016.jpg


 確か、福岡大大濠もベスト8でした。

 今回の春の選抜は、九州勢が強かったですよね。

 彼は昨日、福岡に帰って来てすぐに来塾してくれました。
 また、現あすなろ生に、力強い言葉を書き残してくれました。

 彼は寮生活でまた少ない休み(2日間?)の中、疲れているのに申し訳ないと
 感じましたが、会えてうれしかったです。

 職員みんなも喜びと興奮を感じていたようです。

 おかげで、なんかパワーをもらった感じがします。
 というのは、
 彼の体に、甲子園の雰囲気というか香りというか、
 そんな余韻がまだ残っている感じがしたからです。

 前原、ありがとう!

 次は、夏の甲子園です。

 一戦一戦、勝ち上がるのが大変でしょうが、また甲子園に戻ってきてほしいですね。

 最後に、

 早稲田実業と戦ったときの感想を聞くと、

 清宮くんは、体がとても大きくオーラを感じる。
 また彼の打ち上げたフライを取りそこなったのは、
 あんな高いフライを見たことも取ったこともなく、落下地点にはいたけど
 再度伸びて落ちてきたから取れなかった。やっぱり彼は別格です。
 と言っていました。

 以上

 みんな、がんばれ!

 
 
 
[PR]
by akashi-asunaro | 2017-03-31 20:30 | 日常の出来事 | Comments(0)

「地域の子どもたちの学力向上」に少しでも貢献していきたいと心底から思い、開塾して17年経ちました。

 また、この春日・大野城地域の皆さまのご支援もあり、無事にあすなろ伸学舎の第17期生も卒塾していきました。誠にありがとうございました。衷心から感謝いたします。

 現時点で2017年の中3および高3生の合格実績を公表いたします。
 
【高校入試】 第一志望合格率 26/35 74%!
筑紫丘   2名  
春日    1名  
筑紫    4名   
筑紫中央  2名
武蔵台   5名
柏陵    1名
太宰府   1名
福岡農業  2名

東明館   2名
東福岡   5名 (英数 1名 特進 1名 進学 3名 )
福岡女学院 1名 (進学 1名)
筑陽学園  5名(S特進(選抜含む)4名 特進1名 )
九州産業  8名( 特進 2名 進学 5名 機械 1名)
筑紫台  12名 (アドバンス 3名 特進 3名 進学 1名 総合 1名
          工業 3名 コンピュータビジネス 1名) 
海星女子  1名 (特進 1名)
純真    2名 (進学 2名)
福岡女子商 1名 (進学 1名)

e0177961_18123887.jpg

 
◆結果を見られて、「公立合格が少ない!」と感じられた方も多いと思います。
 あすなろ伸学舎という塾は、けっして「公立高校合格」にこだわらず、3年後の大学入試を見据えたうえで受験者が公立向きか私立向きかを考えて進路指導を行っています。

 *そもそも、「公立向きか私立向きか?」とは、自分できちんと勉強できる生徒が「公立向き」で、それができない生徒が「私立向き」という考え方。もちろん、勉強と部活の両立がきちんとできることも「公立向き」となります。
 そのため、当塾では私立専願受験者も少なくなく、毎年高い割合で受験しています。こういう指導をしていますので、私立高校での学力奨学生としての合格者も今年は14名(在塾生の40%)という高い割合になっています。

ただ、この業界が合格率に固執していますので、うちの塾もその風潮に煽(あお)られています。
うちの塾は、合格率にはそこまでこだわりがありません。また、トップそして準トップ校だけの合格にはこだわっていません。塾生一人ひとりがご家族のたいせつなお子様だからです。
 どこを受験しようとも受験生それぞれに、それぞれの学力に相当する負荷がかかっていると考えています。だから、「合格」という言葉を聞いただけでうれしくなります。
 また、「ハードルが高いけどチャレンジしてみる」という場合もあります。
 今年がそんな年でした。
 ですから、こどもたちのチャレンジ精神を見せつけられお互いに切磋琢磨しながら入試までがんばってきました。 
 塾生のみんな、よく努力してきました。
      また おつかれさまでした!
 

e0177961_18133077.jpg


 【大学入試】すべて現役合格です。
九州大学    1名
長崎大学    1名
福岡女子大   1名
佐賀大学    1名

西南学院大   10名
福岡大学    11名
創価大     1名
中村学園大   1名
国際医療福祉大 2名
久留米大    3名
九州産業大   3名
筑紫女学園大  2名
福岡女学院大  1名
西九州大    1名
白百合女子大  1名
聖マリア看護大学1名
福岡女学院看護大1名
福岡看護大   1名
              2017年 3月15日判明分

 新高校1年および新大学1年のみんなは4月から新たなる学校生活が始まります。

 合格者そして志望校に入学できなかった人も、新しい環境でまた自分を信じて学習生活を送っていってくださいね。
 行き場所が決まったら、合格・不合格の思いは、時とともに風化していきます。
 とにかく3年後あるいは4年後を念頭にいれて、日々がんばってください。

 
 以上 

 みんな、がんばれ!


[PR]
by akashi-asunaro | 2017-03-15 18:13 | 日常の出来事 | Comments(0)

【 福岡地区 私立高校 27校 前期一般入試志願状況  】

 携帯等では見えにくいかもしれません。パソコンだったらOKだと思います。

順位(昨年)     倍率(昨年)  募集定員   志願者数   昨対増減
1 (2) 福岡工大城東  4.51(4.39)    505(505)   2279     +62
2 (5) 九産大九州  4.22(3.77)    582(582)    2455     +263
3 (4) 九州産業   3.91(4.22)     600(600)    2345     ▲187
4 (1) 福岡大大濠  3.90(4.46)    410(410)   1598     ▲231
5 (3) 福岡舞鶴    3.79(4.37)     350(334)   1326     ▲133
6 (7) 福岡常葉    3.32(2.84)    200(200)   663      +95
7 (6) 筑陽学園    3.31(3.45)    420(420)    1392     ▲55
8 (9) 中村学園女子  2.75(2.50)    390(385)  1071     +110
9(12) 中村三陽    2.67(2.31)    150(200)   400     ▲61
10(8) 西南学院    2.57(2.52)    230(230)   590      +11
11(11)東福岡    2.55(2.37)    700(700)   1787     +127
12(16)東海大福岡   2.46(1.96)    320(310)  786      +179
13(10)筑紫台    2.33(2.42)    560(545)    1302     ▲18
14(17)精華女子    2.24(1.90)    400(400)    894     +133
15(24)純真     2.23(1.20)     230(230)    512     +53
15(13)博多      2.23(2.21)    390(380)    847     ▲14
17(15)博多女子    2.18(2.01)    240(240)    524     +42
18(14)筑紫女学園  1.94(2.09)    330(320)    640     ▲50
19(21)福岡第一   1.64(1.51)     760(760)    1248     +98
20(20)第一薬科大付 1.51(1.62)     210(210)   317     ▲24
21(19)福岡大若葉  1.42(1.64)    390(390)   554     ▲87
22(18)福岡海星女子 1.26(1.69)    150(150)   189     ▲64
23(23)立花     1.21(1.26)     145(140)   175      ▲2
24(26)福岡雙葉   1.09(0.81)      90(90)    98      +25
25(22)沖学園    1.03(1.35)     420(420)  433     ▲133
26(ー)*福岡女子商業  0.89(ー)     220(ー)   196     
27(25)福岡女学院   0.80(0.82)    100(130)    81      ▲25


*1月24日実施の専願入試の人数も含みます。  西日本新聞2月2日付朝刊を参考
*福岡女子商業は2017年度から私立高校になるそうです。

 【寸評】純真高校の伸びがすごいです。9ランクアップです。それに続いて東海大福岡の伸びが4ランクアップ。九州高校そして精華女子がともに3ランクアップです。*中村三陽は昨年から定員50名減ですから3ランクアップにはなりませんね。

 ★今年の受験者は24702名。それに対し定員は9482名、平均倍率2.61!★

 当然のことながら、倍率が高い学校は人気がある!ということになります。

 が、倍率が下がった高校は人気が低くなった!という理由ではない場合があります。

 というのも、生徒が多くなりすぎてこれ以上増やせないという高校もあり、あえて受験者数を減らしたという高校もなかにはあるということです。
 
 そもそも私立の各中学高校や大学には、文科省に提示している「学則定員」というものがあり、その枠内であれば生徒一人当たりに助成金を国から支給されます。というのも、校納金(学費等)だけでは学校経営はできないからです。そのため、この定員を超えて入学させてしまうと、その超えた人数分の助成金は支給されず、おまけに文科省から何らかの指導を受けるそうです。こういう状況はどの学校も望まないため、入学者が多くなりすぎると予想する場合は、残念ながら少し減らす対策をしなければならなくなります。

 ということで、倍率が下がったから人気が落ちたとは必ずしも言えないわけです。
 
 
 さて、私立高校を選択するうえで、

 ①大学の合格実績 
 ②クラブ活動
 ③各中学校や塾や兄弟姉妹(OB・OG)の勧め 
 ④学費・学力奨学生特典 
 ⑤距離や交通アクセス 
 ⑥学校の施設・環境
 
などが考えられます。

 うちの塾生のなかには中堅の公立高校を志望せず、私立高校の学力奨学生として学費免除で大学入試のために通学する生徒も増えています。また、前期私立入試で学力奨学生の特典を手に入れて、受けたい公立高校をチャレンジする生徒も増えています。

①志願者の多い順ベスト5(定員の人数を考慮せず)
順位(昨年)          志願者数
1(3)九産大九州          2455
2(1)九州産業           2345
3(2)福岡工大城東         2279
4(5)東福岡            1787
5(4)福岡大大濠          1598

 九州高校は今年は人気がある!と聞いていましたが、やはりでした。またここ数年伸びがすごいです。

②志願者が昨対で多く増えたベスト5
順位             昨対増数
1 九産大九州         +263
2 東海大福岡         +179
3 精華女子          +133
4 東福岡           +127
5 中村女子          +110

 精華女子がまた復活してきたようです。しかし、男女別学の東福岡や中村女子もよく伸ばしています。

 毎年のように、この志願倍率は各私立高校のトップの学科・コースが異常に高くなっています。
が、あまり気にしなくていいと思います。どの学校もその定員どおりに合格者を出しません。もっと、もっと多く合格者を出しますので!
 おそらく、どの私立高校もあまり不合格者は出せないと思います。
 ただし、とても悪い点数や試験中での身なり・様子などから判断して、高校が不安がる受験者は不合格の対象になると思いますよ。まあ、そんな生徒はめったにいませんけど、、、。

  

 以上

 みんな、がんばれ!

[PR]
by akashi-asunaro | 2017-02-03 04:28 | 日常の出来事 | Comments(2)

 うちの塾に関して、台風の影響はあまりなかったようです。

 良かった、よかった。

 というわけで、今日は通常通りやっています。


 しかし、昨日のこと。

 「明日の塾は何時から開いていますか?」

 「通常の午後2時からオープンだけど。」

 「え~、朝から開いてないのですか?

  学校が休みだから、、、。」

 「自分たちの都合で塾が動くことはないよ!」


  こんな会話がありました。

   
e0177961_18273577.jpg
(まだ午後3時なのに続々と自学をしに来ています。)

  だけど、うれしいことですね。



  タイトルにある滅茶苦茶な英語の

  ~ No School Want 塾 ~

  いささか、複雑な思いをしますが、、、。


  でも、学校の授業が最優先なんですが、、、。

  最近のうちの子たちは、塾優先みたいです。


  まあ、いいっか。


 みんな、がんばれ!


   以上
  
   

 
 
[PR]
by akashi-asunaro | 2016-10-05 18:39 | 日常の出来事 | Comments(2)

 あと1カ月ほどで春期セミナーが始まります。
 とは、言うものの今日は国公立大の2次試験。
 そして3月8日には公立高校の入試。

 うちは、その公立高校入試の万全な受験態勢を整えるために
 昨日から中3は、 「入試直前スクーリング」を3月7日(日)までの11日間、
 実施しています。すごいでしょ!

 もう、相当なコマ数の授業を受けたり、
 対策・質問などが集中してできるようになるのです。
 
 この間は、中1・2の生徒は休みになります。

 さあ、みんなで合格を勝ち取りましょう!

 さて、春期セミナーのチラシが出来ましたので、貼り付けておきます。

 今回のちらしは、「劇場型ちらし」。
 いわゆる、あすなろの雰囲気が写真でわかる!
 といったものですかね。

 お知り合いの方がいらっしゃったら、ご紹介ください!



 
e0177961_17115276.jpg


 
e0177961_17123455.jpg

 
 みんな、がんばれ! 

 

 以上
[PR]
by akashi-asunaro | 2016-02-25 17:17 | 日常の出来事 | Comments(0)

e0177961_15261469.jpg


 2016年が始まってしまいました。

 今日は東明館高校の入試でした。うちにも受験生がいましたので、激励に行ってきました。

 少し緊張気味でしたが、笑顔が出ていましたので少し安心しました。

 高校入試としては、一番早いのかな?

 とにかく、何事も「生の経験」が必要だと思い、あれこれ言わずに、見送ってきました。


 さて、

 そう言えば、うちの卒塾生のその後?とやらが、最近よく耳にするようになりました。

 それもそのはず、16年もの間、ずっと塾をやっていますので結婚している教え子もいることでしょう!

 そこで、覚えている中から数名紹介しましょう。


 ・筑紫丘⇒九大⇒九大院⇒トヨタ

 ・筑陽S特⇒九大⇒九大院⇒キャノン

 ・筑陽S特⇒福大⇒富士通

 ・筑紫丘⇒早稲田大⇒JR東海

 ・筑紫丘⇒北大⇒北大院⇒川崎重工

 ・筑紫台特⇒福大⇒福岡県警

 ・筑紫⇒中央大⇒福岡銀行

 ・武蔵台⇒福大⇒九電工

 ・香住丘(英)⇒東京外大⇒外務省

 ・太宰府⇒日航ホテル

 ・九州高校(特)⇒神奈川大⇒木下工務店

 中でも私の一番古い教え子は、
 
 福岡雙葉⇒京大⇒経済産業省(係長or課長)


e0177961_16144629.jpg


 他にもたくさん報告に来ていますが、ごめんなさい!忘れちゃいました(汗!)。


 偏差値が高い高校、大学だから大企業!ということではないようですね。


 この子たちは、勉強がよく出来た!というよりも「まじめ」「従順」「忍耐力がある」などの言葉があてはまる生徒たちだったようです。

 また、以前書いていた「自我のめざめ」が早かった子たちだったかもしれません。

 教場で私はよくこんな言葉を言っています。

 「とにかく、どんな分野でもいい、名前があげられるような選ばれる人になりなさい!」

 
 現在のうちの在塾生もこれからの日本の将来のために、貢献できる生徒がたくさんいると思っています。

 そのためにも、大事に育てていくつもりです!

  明日も、いやこれからも同じように、言い続けます。

 「とにかく、どんな分野でもいい、名前があげられるような選ばれる人になりなさい!」


 みんな、がんばれ!

 以上 

 


 
[PR]
by akashi-asunaro | 2016-01-07 16:15 | 日常の出来事 | Comments(0)

 もうすぐ2015年の2学期の指導(営業)が終わろうとしています。

 とは言っても、高3受験生の中には「そんなのどうでもいい!ずっと塾を開けてくれ!」なんていう生徒もいます。恐ろしい~。すいませんが、その答えには「ノー」です。やはり、無理のようで、大手百貨店でも正月元旦は閉店のところが出てくるぐらいの世の中になってきたようです。

 うちの中3および高3受験生は、毎年のようによ~く勉強します。ホントは、全員です!と言いたいぐらいですが、そうとはいかないようです。難しいです、そこんところが、、、。

 
e0177961_18161966.jpg

   
 あすなろにとっての2015年は、例年と変わらず一生懸命に指導した一年でした。
 
 どうにか、無事に年が越せるようです。

 これも、やはり在塾生や保護者様、また地域の皆さま、塾仲間そしてあすなろの関係していただいている各学校および業者の方々のおかげだと思い、とても感謝しています。

 
e0177961_18215340.jpg


 
e0177961_1822243.jpg


 
e0177961_1823953.jpg


 
e0177961_18233511.jpg


 来年の2016年が、あすなろにとって、とても大変そうになりますが、

 生徒指導に、地域学力向上に、一生懸命に頑張っていきます。

 来年もあすなろ伸学舎ともども、よろしくお願いいたします!

 みんな、がんばれ!

 
 2015年 12月30日 あすなろ伸学舎 塾長 赤司 穣
 
p.s 写真は12月上旬に家族で行った糸島の桜井神社です。

[PR]
by akashi-asunaro | 2015-12-30 18:31 | 日常の出来事 | Comments(0)

 いや~、このブログ更新を最長記録の5か月間、さぼっていました。

 すっかりアクセス数も激減でした。

 また、「ずっと同じ内容ですよ」「更新してください」と、うちの個別指導スタッフ、生徒、高校の諸先生方、悪友また、飲食店経営者など、さまざまな方々からのクレームをいただきました。

 しかし、それに負けずと、更新をさぼってきました。

 すいませんでした。

 というか、この1年間、あまり更新していないのが現状。

 理由は、たくさんありますが、そのどれもが ― しょうもない理由 -ですから書きません!

 
e0177961_091280.jpg


 現在、夏期セミナー実施中。

 上記写真は、中3の宿題バトル(7/21~25)の様子。

 参加者も全体の6~7割程度。まだ部活で試合等が残っているためだそうです。

 まあ、心機一転として、背景を変えてみました。

 今回、これで勘弁してください。

 これから、定期的に更新?しようと思っています。

 
 みんな、がんばれ!

[PR]
by akashi-asunaro | 2015-08-02 00:24 | 日常の出来事 | Comments(0)

《 自我の目覚め 》

そもそも、「自我」とは何でしょう。

 ①〔哲学で〕宇宙に存在する他のすべてから特立する存在として認めた自分。
 ②社会の一員として、なんらかの役割・責任を負わされた存在として意識された自分自身。
               ―新明解国語辞典第六版から引用

 おそらく、「自我の目覚め」とは、自分自身の存在を認め、それを土台として、他者や物事に対して自分がどうあるべきか、またどうすべきか。ということを気付くことではないだろうか?このように、私は多分に思います。

 一般的に、少年期によく使われる言葉でしょう。

 私におけるこの言葉は、何も少年期だけではない!と、ずっと考えています。
 
 だれにでも、普段に過ごしている時に、ふっと「あっ!このことか~!」なんて気付くことがよくあると思います。そんなことは、実は当たり前だったりして、、、。

 また、自分の生活を振り返り、同じことを繰り返さない!と反省して、本当に繰り返さなくなる。

 こんなことも、もしかしたら「自我の目覚め」なのかもしれません。


 10代、20代、30代、、、、50代、60代、、、。

 この言葉に、年齢は関係なく、環境やその状況によって、「自我の目覚め」が常に存在しているのではないでしょうか。

 もしかしたら、「自我の目覚め」がLearn(学ぶ)やStudy(学習する)という意味に変化するかも、、、です。

e0177961_3221064.jpg


 もうすぐ、ほんの15才の少年たちにとって過酷な公立高校入試が実施されます。

 そんな中、英語が分らない!と泣きながら訴えてきた中3の生徒たちが数人いました。
 
 「一文一文、しっかり和訳をしなさい。単語を調べなさい。根気強く、粘って訳を作成しなさい!英語は国語ではない!英文を素直に訳をすればいい!それだけ!!!!!!」

 こんなことを言って、勉強させました。また、やってきた和訳を見てあげました。

 すると、どうでしょう!言ってきた誰もが何らかのプラスの効果が表れてきました。
 つまり、英語における「自我の目覚め」ですわ。こうなると、自然にコツがわかってくると思います。

 しかし、以前から彼女たちは、それをやっていたと推測していますが、

 その「時」と「熱意」が、「自我の目覚め」を喚起させたのです。


 大人でも仕事に対しては、同じようなことがいえるのではないでしょうか。


 こういう「自我の目覚め」を促すためには、「師」の存在が必要不可欠です。


 教育とはある意味、多面的に、たくさんの自我の目覚めをさせることかもしれません。


 おそらく、

 ~ 能力が高い人、仕事ができる人 ~

 こんな人たちは、多面的に並はずれた回数の自我の目覚めをしたことになるのではないでしょうか?

 これから、私も多面的に多くの「自我の目覚め」を体・経験し、子ども教育に、私生活に、自分自身のためにも役に立たせたいと思います。


 みんな、ガンバレ!



  P.S 今回は、一瞬、こんなことを思い出しましたので、忘れないようにブログに記載いたしました。この内容は、賛否両論あるでしょうが、あくまで私の考えですので、ご了解くださいませ!       以上



 

 

 

 


 

 
[PR]
by akashi-asunaro | 2015-02-25 03:49 | 日常の出来事 | Comments(0)

《 社章or 舎章 》

e0177961_17514584.jpg

 またまた久々のブログ更新です。

 生徒たちには、さぼっているように見えるようですが、、、(汗!)。

 意外としっかりやっているのですよ、これでも。

 
e0177961_17504728.jpg


 さて、今回は「社章or 舎章」どっちにしても、そんなものを作りました。

 え~、「それ自体がさぼっている!」と言われるかもしれませんが、、、。

 でも、ずっと前から考えていました。

 
 
e0177961_17223550.jpg


 
e0177961_1723517.jpg
 

 どうですか?

 木作りの舎章(社章)っす。

 かわいいでしょ!

 でも、本当のあすなろの木は広葉樹ではなく針葉樹なんですよね。

 でもでも、もう16年近くやっているから、このマークで作成していただきました。

 裏が安全ピンと突き刺すピンタイプの2種類をね!

 制作依頼したところは、熊本の玉名にある
「雑貨・木のおもちゃスタジオ NAME LESS」さん。
 
http://name-less.com/wordpress/?author=1
 

阿部さん、すばらしいバッチ!ありがとうございました。また、むちゃな注文してすいませんでした。

出来上がりに、けっこう満足しています。

 また、書きます!

以上

 
みんな、がんばれ!
 
 



[PR]
by akashi-asunaro | 2014-12-10 17:58 | 日常の出来事 | Comments(0)