カテゴリ:思い出( 28 )


e0177961_151654.jpg ハロウィン、あるいは、ハロウィーン(英: Halloween または Hallowe'en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れては「トリック・オア・トリート(Trick or treat. 「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。
(Wikipediaより一部抜粋・編集)
e0177961_154942.jpg



 どうもこのハロウィンは、日本でも定着しつつあるようですね。

 うちのALTのクリスは毎年のようにこの時期は、子どもたちにお菓子を配っていましたが、今年は彼もやりたかったのでしょうか、変装してやって来てくれました。
e0177961_1114287.jpg


 何に変装したと思いますか?
 画像が見えにくくて残念ですが、Joker(ジョーカー)です。バットマンに出てくる悪者です。
 
 ということは、私がバットマンに変装すれば良かったのでしょうが、、、。
 おそらく変装したところ、
 コウモリでなくマントを羽織ったくまモンになっていたことでしょう(やせよう!)

 子どもたちの反応は良すぎて、大騒ぎでした。
 
e0177961_117154.jpg

 
e0177961_1173495.jpg

 上2枚の写真は中1.
e0177961_1183212.jpg

 これは中2の写真です。

 みんな楽しそうでしょう。
 いつもと違う瞳や笑顔を見ることができました。

 Thank you, Chris for coming in Halloween costume!
 I had a very good time with my students today.
Please give my best regards to your wife Norie.

 
塾は勉強するところですが、たまにはこんな刺激もいるな!と感じました。

 部活で疲れ、眠たい目を一生懸命開けながら授業を聞く。
 まあ、残念ながらずっと集中はできないでしょう。

 だから、先生がメリハリのある授業を!なんでしょうが、、、。
 それは、いつも、いつもずっとできるとは限りません。

 
 そういう意味で、

 年に1~2回のバカ騒ぎもありかもですね。授業進度に支障がない程度に。

 それでは、来年からうちの職員にやってもらいましょうかね?!

 みんなカツラがかぶりやすい人ばかりですから(汗!)

 
 みんな、がんばれ!

 
 
 
 
 
[PR]
by akashi-asunaro | 2016-10-25 01:38 | 思い出 | Comments(0)

12月13日 日曜日に入試実践模試を筑陽学園で実施しました。

 これは、「来年度高校入試の模擬体験を中3生に!」ということで、毎年実施している恒例行事です。

 ~ おそらく入試はこんな感じで受験するだろう ~
 ということを念頭に、本番さながらの演出を100%に近い状態で組み込んで実施しています。

 
e0177961_2392825.jpg


 また、受験生も福岡県内の各地から、八女の「セイコーゼミナール」、久留米の「英数研」、宇美の「進学教室SKY」、筑紫野の「ちくしの進学教室」、そして、当塾春日の「あすなろ伸学舎」 合計5塾 約260数名もの受験生が結集していますから、試験場内では知らない、見たことのない制服がたくさんあったと思います。

e0177961_238315.jpg


 もちろん、試験結果のデータ算出も当然ありますが、それよりもこんな状態で自分がどうであったか?
例えば、時間配分、解答作成順序、迷った時の勘など、そんな体験のほうがもっと大切だと感じています。

e0177961_23233214.jpg


e0177961_2323551.jpg


e0177961_23242290.jpg


e0177961_23244744.jpg


e0177961_2325106.jpg


 しかし、昼食時間はみんな誰もがGOOD FACE!


 受験生のみんな、おつかれさま。
 しっかり、各自!考えられる反省とテスト問題のやり直しをしてほしいと願っています。

 また、送迎していただいた保護者の皆さま、ご協力ありがとうございました。

 
 最後に、

 毎年のことながら、試験会場を借用させていただいています筑陽学園中学高等学校様および関係者のみなさま、ありがとうございました。心から感謝いたします。

 また、いつものことながら、何から何まで準備していただいています、ちくしの進学教室 本館室長甘田先生および職員のみなさま、そして塾長の今井先生!おつかれさまでした。いつも準備は完ぺきです。いつも甘えてすいません!本当に申し訳なく感じています。
 
 そして、この恒例行事に、いつも積極的に参加していただいていますセイコーゼミナール古道塾長、進学教室SKY井上塾長、英数研南校江口塾長、そして各塾の職員のみなさま、ご協力ありがとうございました。またおつかれさまでした。みんないい人、いい先生ばかりで感謝しています。
 
 おそらく、こんな仲の良い塾の集まり(ACEネットワーク)は、滅多にないでしょう!

 ~ みんな、いつもありがとう! ~

  以上

 みんな、がんばれ! 
 



[PR]
by akashi-asunaro | 2015-12-15 01:10 | 思い出 | Comments(2)

とうとう、この日を迎えてしまいました。

 去る3月9日(日)が、うちの塾の卒塾式でした。

 当あすなろ伸学舎は、2年前から卒塾式には「中学課程の修了書」を筒をつけて、一人ひとりの名前を読んで手渡しします。

 以下、その日の写真です。

e0177961_023180.jpg


e0177961_044073.jpg


e0177961_05838.jpg


e0177961_061070.jpg


e0177961_063932.jpg


e0177961_071097.jpg


 この14期生たちは、とてもこの塾が好きなようで、たぶん今までで通塾回数がいちばん多かった子どもたちだと思っています。

 また、心がとてもやわらかいせいか、センチメンタルになる子が多いと感じました。


 いよいよ、明日(今日)が入試ですが、伝えたいことは伝わっていると思います。

 ~ 合・不合を考えずに、普段の力を発揮すること ~

 もう、それだけです。

 今日、「最後の激励」をほしさに来た女の子に捧げた言葉があります。

 
 「 集中して、馬鹿になれ!結果にこだわるな。

 合・不合を考えずに、普段の力を発揮しなさい。

 みんなが緊張しているから、自分も緊張して当たり前。

 結果はどちらにしても、それは自分の人生。

 そして、その結果は自分のこれからの財産になる。 」

 以上

 みんな、がんばれ!


[PR]
by akashi-asunaro | 2014-03-11 00:33 | 思い出 | Comments(0)

 今日は、急に何かが思いついたので更新します。

 いや実は、
 
 「自分がいつから、きちんと勉強し始めたのかな~?」
 と思って考えてみました。

 しないといけないから。

 先生に叱られるから。
 
 恥をかきたくないから。


 そんな気持ちがきっかけでもあったかもしれませんが、
 それも今一の効果。


 おそらく、

 「自分自身のことをまじめに考え始めたころ」

 からだったような気がします。
        (具体的には、中2の終わりごろかな?)

 そんときは、「あいつに負けたくない、~高校へ行きたい」などと思い、
 自分を客観的に見ることができました。


 
e0177961_15445176.jpg


 たしかに、うちの塾でも、急に成績が伸びた生徒は、
 同じような気持ちを持っていたケースが多いと記憶しています。

 大体において、自分自身のことをまじめに考え始めると、
 「何らかの目標」が出来たりします。

 つまり、「目標」=「自分自身のことをまじめに考え始めた」
 ということかもしれません。

e0177961_15493771.jpg


 でも、生徒の中には、自分自身のことをきちんと
 考えることができない子もいますよね。

 そういう場合は、親御さん、学校・塾の先生そしてその子の友達などが、
 早くそういう気持ちになってくれるように、
 アドバイスをしてあげるのではないでしょうか?

 「目標」=「自分自身のことをまじめに考え始めた」場合は、

 急に生活態度が良くなったり、学習の時間が長くなったりし、
 そのような一連の行動が持続するようになります。

 
e0177961_1624294.jpg


 よっし、うちも子どもたちが一人でも多くそうなるように、
                         いっちょやったるか!

e0177961_167239.jpg


 みんな、がんばれ!
 
e0177961_16143316.jpg

 


 p.s 目標を持たせるより、自分から「目標」を言い出したときから変身すると思います。
    写真は日田の豆田町(ひな祭りで有名)
   
[PR]
by akashi-asunaro | 2013-05-25 13:32 | 思い出 | Comments(0)

 ひさびさの更新です。

 新学期が始まって3週間目に突入。

 ようやく授業がはじまりました。

 いったん卒塾した高1生も、少しずつカムバックして来ています。


 やはり、中1と高1の制服姿は初々しい。


e0177961_18273111.jpg
 

 そう言えば、思い出します。自分の中1のときを。

 身長131cmしかなかったので、制服は特6サイズ。

 そのため、おふくろと博多区の川端の店までチンチン電車に乗って、、。

e0177961_1834357.jpg


 中1の新学期始まってすぐに、
  友だちがたくさんでき、みんなの推薦で学級委員長に。


 体育(うんどう)会座りの全校集会で学級委員長を発表され、
   みんなの前で立ったそのとき大笑いされました。 

 そのときの女子の学級委員長の背たけが160cmぐらいありましたから、
   30cmの差があったからでしょう?

 当時、生徒数1600名以上もいるマンモス中学校。

 私にとっては、その笑い声はかなりの騒音でしたが、
  そのおかげで、その後も人気者になりました。
 
 でも、身長のことは何故か全然気にしていませんでした。
 それは、今でも分りません。

e0177961_1842019.jpg


 ただ、勉強やスポーツにそして友達をつくることにも、
                 
    誰にも負けたくないという思いがあったからかもしれません。
 
                          以上

p.s うちの2番目の息子も中1になりました。ご安心ください!カレの身長は150cm弱ですから。今は、このオヤジの願いを聞いてくれて、全国レベルのハンドボール部に入部してくれました。目指せ、全国制覇!
 

[PR]
by akashi-asunaro | 2013-04-24 19:03 | 思い出 | Comments(2)

《 卒塾 13期生 》

 2013年3月10日 日曜日。 
 
 あすなろ13期生の中3生が卒塾式を終え、巣立っていきました。

 まだまだ、教えたいことがたくさんありました。

 まだまだ、言い残したことがたくさんありました。

 しかし残念ですが、昨日で卒塾してしまいました。

 
 毎年のことですが、こういう時って、いつもこうなります。

 しかし、今年はちょっとだけ違っていました。

 2月下旬から模試、模試、模試。そして授業、授業、授業。

 例年になく、超ハードなスケジュールで子どもたちもそして、全員おやじの3人講師もガンバリました。

 「塾長!もうテスト慣れしたよ!」と子どもたちが言うくらいの効果があったみたいです。

 
 また、この約2週間近い連続の通塾日に、
        送迎をしていただいた保護者のみなさま、
                     ご協力ありがとうございました。

 あすなろのこどもたちは、我々と保護者さまみなさんと共に、
                出来る限りの努力をしたと感じています。

 明日は最後のワンチャンス!
 
      「時の運」もあるかもしれませんが、

 今日まで

 一生懸命に受験勉強を送ってきた

 あすなろの生徒たちは、

 みんな立派だったと感じました。

 また、 みんな!あすなろで勉強してくれて、ありがとう!

 みんな、ガンバレ!

                   

 最後に、13期生の思い出の写真をどうぞ!               
                   

e0177961_18194628.jpg

 〔集中!集中!〕

e0177961_18134677.jpg

〔ちくしの進学教室との勉強合宿〕「行儀よく号令とともに食事」
 行儀がいいのは食べるときだけ?
e0177961_17593439.jpg

〔合宿のファイナルテスト〕恐るべきちくしんパワーを見せられた、くそ~!

e0177961_18143082.jpg

〔合宿での食事〕なんか、うれしそ~う。

e0177961_1924745.jpg


〔個別指導〕やっぱ数学ムリ!早く教えて!

e0177961_18161626.jpg

〔夏のレクレーション・ボウリング大会〕「頼む!真ん中に~」
e0177961_1816422.jpg

〔夏のレクレーション・ボウリング大会〕

e0177961_1815635.jpg

〔夏のレクレーション・ボウリング大会〕
最初は盗撮?と疑われたが、口説いて、どうにか撮らせてくれた。ホンマにあきれますわ!

e0177961_17582978.jpg

〔12月15日の合格祈願〕この日は、あすなろに神が降臨した日。
でも、みんなクスクス笑ってしまった。宮司さん、すいません!

e0177961_18191038.jpg

〔みんな集中していた別館〕
くしゃみするとみんなから「うるさい!」「くしゃみすると言ってください」と生徒たちからしかられた。

e0177961_17562563.jpg

〔卒塾式の日〕いろいろな事情で10数名欠席でしたが、どうにか無事終了。

 以上ですが、この13期生はものすごく元気があった生徒たちでした。

みんな、ありがとう!
                             塾長より
 
[PR]
by akashi-asunaro | 2013-03-11 19:53 | 思い出 | Comments(6)

 最近、入塾が増えています!

 本館や別館共に新顔が少しずつ増えてきています。

 地域のみなさま、また在塾生のみなさんそして保護者のみなさま!

 ご紹介いただき、ありがとうございます。

 しっかり、昭和風味を加味した指導で、ビシバシやっていきます。


◆さて、我が家のGWは、毎年恒例の「潮干狩り」。

 
 今年は、どうだったでしょうか?

 ここは、和白の干潟です。
 
e0177961_2220481.jpg


 
e0177961_22214570.jpg


 
e0177961_22221927.jpg


 
e0177961_22223565.jpg


 
e0177961_22241382.jpg


 けっこう採れたでしょ!

 潮干狩りは、一生懸命に掘りまくりそして貝が見つかったときの喜びが最高なんです。

 その連続なんですよ。だから楽しいんでしょうね。

 そうですね、3年目にしてやっと成果がでたという感じです。

 腰のほうは、どうにかこうにか大丈夫でした。
 
 来年も行こっと。



◆話は変わって、

 今、本館の小学生つまりジュニアA(小6:5科)、ジュニアB(小6:3科)、プレジュニア(小5:3科)の3コースで新聞を書写させています。(この内容は職員ブログ「みんなひのきになれる」で掲載)
 
 具体的には、西日本新聞の1面の下に掲載されている「春秋」を書写させています。
 実は、その「春秋」専用の書写ノートが新聞販売店で販売されていたのです。それで早速購入!


 
e0177961_22382095.jpg


 
e0177961_22384218.jpg


 毎週1回だけ書写させているそうです。

 たいへんかどうかはわかりませんが、きっと、、、

 字がうまくなる。

 漢字が強くなる。

 集中力がつく。

 忍耐力がつく。

 わたしが感心する。

 
 これらのどれかに、なれると思います。

 
 がんばれ! あすなろっ子!

           以上 

 

[PR]
by akashi-asunaro | 2012-05-11 23:26 | 思い出 | Comments(0)

 久々の更新です。

 どちらかと言えば、「あえて、、、。」と言ったほうが良いかもしれません。

 この21日間は、とても長く感じ、公立高校の合否発表が終わると、短く感じてしまう。

 結果的には、そんな複雑な気持ちを抱いてしまった期間でした。


 先ほどの「あえて、、、。」という言葉を使ったのは、高校入試の倍率をみなさんが入試まで何度も見られるだろうということからでした。
 3月1日から21日までのPC訪問者数は3,600(1日平均180)と、けっこうなアクセス数でした。
 ありがとうございました。これからは、また頻繁に更新していきます。

e0177961_23351116.jpg

★さて、公立高校入試の結果ですが、

 今年のあすなろの中3は、少なかったので他塾のようにボリュームがありませんし、また少ない人数ですから具体的な数字を挙げますと、何かと問題になりますので、全体の合格率で書きますね。

 合格率は約82%。
 
 あと一歩とどかなかった生徒は、2名でした。

 そして、私立公立合わせての第1志望合格率をはじいてみますと、90%。

 どのように数字をはじいても、公立入試で2名の不合格を出してしまったことに変わりありません。
 
 とても残念で悔しいですが、これが現実なんですね。

 どちらにしても、これから3年後は大学入試がありますので、今春4月から心機一転!みんな高校生活で、がんばってほしいと願っています。

e0177961_23362037.jpg

★また、これから受験生になる新中3生のみなさんや先生方に私なりにアドバイスしますと、
 
 福岡県の公立入試問題は、難化傾向にあります。そのため、パターン学習や傾向と対策などで日々教場で学習やご指導されると思います。が、それも大切なことですが、

 あらゆる問題に対して、柔軟に対応できる能力を持つ必要があります。そのためには、「なぜ、どうして」と、疑問を抱いてそれに納得した学習が必要だと考えています。

 つまり、公立入試の問題は、そういう能力が要求されるわけなんです。

 あくまでも、形式にこだわらず、「理解力」「読解力」「表現力」そして「創造力」が身につく学習や指導が必要かと思っています。これからの指導者は大変です!

 特に、英語に関しては、とても難しく偏差値55以下の生徒たちには、楽に解けないと思います。

 3~4年前から国語が難化し、お次は英語の番になってきたのかな?なんて思っています。

 こういうことから、現中2、中1の定期テストには、長文や読解問題そして条件英作文が出題され、平均点が年々と下がってきています。

 まあ、学校の先生方に負けないように、がんばりますわ!

◆最後に、思い出の写真を何枚か掲載します。

e0177961_23444629.jpg


e0177961_23452462.jpg


e0177961_23454437.jpg


e0177961_23472712.jpg


e0177961_001724.jpg


e0177961_012691.jpg


e0177961_042954.jpg


e0177961_0423163.jpg


e0177961_004986.jpg


e0177961_023657.jpg


e0177961_0425011.jpg


e0177961_043841.jpg


e0177961_0432756.jpg


うん、みんながんばった!おつかれさん。

みんな、これで「あすなろ中学部課程」は修了です。

みんなちょっと、休んで今度は春期講習でまた鍛えます。

次は、「あすなろ高等部課程」のラストステージ! イコール 大学入試へトライ。

がんばって、いくぞ!

                  以上 



 
 
[PR]
by akashi-asunaro | 2012-03-23 00:59 | 思い出 | Comments(2)

 
 F1やルマン耐久レースは、車の性能を披露するメーカーのしかけ。結局は、一般大衆車や営業車を売るため。

 大手衣服メーカーのブランド戦略も、実のところ、大量生産の衣服つまり下着やソックスやシャツなどを売るためのしかけ。

 塾業界も同じようなパターンで、やはり大量な合格実績!無料講習もしかり。結局は、高額な月謝請求を、、、。

 このように、「しかけ」に潜む思惑はさまざま。

 しかし、「大企業」はそうやっていかないとダメなんでしょう。

 
 うちは、直球で勝負しています。

e0177961_0531552.jpg


話はちょっと違って、

もうすぐ、バレンタインデー!
(その日は、うちの伊藤先生のBirthday!あの~、笑った人は失礼ですよ、彼に!)
 
 いや、もうかれこれ20数年前に、わたしもそれにまつわる「しかけ」を使ったんです。

 実は、これでも私は、根っからの体育系出身。ですから、後輩も多く、もちろんタ・イ・セ・ツ・に可愛がっていました。

 それで、その一人に、「2月15日にチョコレートを5000円分買って来い!残りはバイト代だ。」と言って、1万円渡しました。

 後輩は、ものすごく喜んで現地に赴任し、見事にチョコをゲットしてきました。
 
e0177961_0554062.jpg

 その数は、予想をはるかに超える量でした。そりゃもちろん、バレンタインデーが終わったあとですから、すべて半額以下で中には7割引のものもありました。

 そのチョコをどういうふうに言って渡したかはヒ・ミ・ツですが、結婚前の若かりし今の嫁さんにあげました。とても喜んでくれました。チョコが大好きですからね、彼女は。最終的には、暴露しましたけど(汗!)

 ただ、買ってきた直後の後輩の様子がとてもヘンで、どちらかと言えば、いじけていました。
 
 彼いわく、

「先輩!もうオレは絶対こんなことはしませんよ。だって、こんな大量なチョコ買ってとてもむなしかったし、おまけに顔見知りの女の子に何度も見られたじゃないですか!」

 もう、わたしは「すまん、すまん」と言いながらも大笑い。

 しかし、後輩には悪いことをしたなと反省し、もう500円追加してあげました。

 
 今や彼も、NTT関連会社の課長で1児のパパです。


 また、あいつに頼もうかな?

           以上 
 

 p.s 私を意地汚いオヤジと思わないでください。とにかくアクセル全開だったのですから、、、。
[PR]
by akashi-asunaro | 2012-02-02 01:09 | 思い出 | Comments(0)

 
  ~ いいかい!こんな時期こそ、「欲」を捨てろ! ~

 なんて、教場で生徒向けに豪語していますが、、、、。

 やっぱり、したいコトはしたいし、観たいモノは観たいですよね!
     (でも、そこは我慢してほしい!ガマンしろ!)

 
 それじゃ、オ・ト・ナである私は? と言いますと、

 腰はまだ痛いし、仕事も山積しています。ホント、身動きがとれません。
 
 しかし、こんなときこそ、「旅行がしたい」なんて切望したりするんですよ。愚かです、ワタシは。

 人間って、やはり「欲望の塊」ですかね。

 それじゃ、その旅行地は?といいますと、北海道ですわ。
 
目下、日本海側の地方および北海道は、豪雪でたいへんなことになっていますよね。
 
e0177961_082665.jpg

 
余談ですが、もし我々が住んでいるこの地方が、あの何メートルも積もる豪雪状態になったら、

 残念ながら、生きていけないでしょう。

 だって、そもそも家のつくりからして違いますから、雪の重みで崩壊してしまいますよ。

 また、お年寄りや小さなこどもたちまで、極寒には「かなわない!」かもしれません。

 確か、小5社会の「いろいろな地方の暮らし」というテーマで、そんなことを学ぶんじゃないかな?


 豪雪地帯で生活されている人々の大変さは、本当にお察しいたします。がんばってください!

それで、話を戻しますが、実は北海道に以前行ったことがあるんですよ。
 ラッキーなことに、弁護士である友人の講演会で、「カバン持ち」として同行そして小旅行を一緒にしたんです。

 九州人から見て、「あそこは日本じゃないですよ」って言いたいくらい、異国情緒たっぷりで本当に良かったです。そうですね、「生きてて良かった」って感じるくらいに。ちょっと大袈裟か?

 
e0177961_085890.jpg


上の写真は小樽ですが、なぜか醤油ラーメンと海鮮寿司を食しました。それは、とりあえず美味しかったですが、、、。(実は、どっちも今一でした)

 中でも、洞爺湖が最高で、おそらく、目の当たりにされたときは、びっくりされると思いますよ。我々もびっくりしましたから。その美しさは、もう言葉では表現できないくらいでしたよ。だって、そんな風景を見たことないからですね!

 
e0177961_0211326.jpg


洞爺湖は、サミットが開かれたくらいですからね!選ばれた理由の一つに、「洞爺湖は美しい日本を代表する景色」だったと記憶しています。(当時、安倍首相)

 上の写真の中で見える山は、「羊蹄山(ようていざん)」=蝦夷富士(えぞふじ)と呼ばれている山です。でも私には、あまりにも大きくて、少々怖かった気がしました。確か2000mぐらいの高さがあったと記憶しています。

 そして、写真はないですが、登別温泉にも行きました。当時、北海道大学に在学していた教え子を呼び出して、毛ガニの食べ放題にも行きましたし、函館の夜景や大倉山ジャンプ場にも、、、。


 あ~、もう!絶対いつか、また行きます。

 それまで、やはり、「欲」を捨てて、がんばりますわ!

                       以上
  
 

[PR]
by akashi-asunaro | 2012-02-01 01:05 | 思い出 | Comments(0)