自分の授業には、いつも満足できていない

 いつもどこかに物足りなさを感じ、声かけにも全員にできていない

 また、生徒を自分が思うようにコントロールできていない

 「一人ひとり、、、。」と、どの塾もそう言っているが、実のところはムリ!

 でも、うちの塾だけは、、、。



 今年は、こんなことを常に思い、反省しながら日々を過ごしてきました。


      「もっと、授業に工夫を!」

      「うちの塾ならできる!」


 今の冬期集中セミナーは、子どもたちが「前へ前へ」行ってくれている気がします。

 
 その答えは、

 職員たちの意識がもっと真剣に、そしてアツくなっているからかもしれません。


 
 
e0177961_2256681.jpg




 2012年のあすなろ伸学舎は、2011年以上に「進化」できるような感じがしています。


 まだ公表していませんが、イベントやシステム変更で、「刺激的な塾」になれると思います。


 今年は、このあすなろ伸学舎にご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

 また、開塾から12年!になりますが、これもひとえに地域のみなさまのおかげだと感謝しています。

 来年は、今年以上に「アツい塾になれる!」と思います。

 今後とも宜しくお願いいたします。
 

       
             平成23年12月30日  あすなろ伸学舎 塾長 赤司 穣

     p.s  あすなろ伸学舎は12月31日から1月2日まで休校になります。

 
[PR]
by akashi-asunaro | 2011-12-30 23:06 | 教育 | Comments(4)

 きゃー、ぐぇ~というぐらいの授業コマの嵐。

 今、冬期集中セミナーの真っ最中。

 しかも、高3には「待ったなし!」。センター試験までとうとう20日をきってしまいました。

 
e0177961_182353.jpg

 
今回のこの冬期集中セミナーは、クラスが色とりどり。

 小学部は、中学受験クラス、公立進学5・6年クラスそしてあすなろ午前学童クラス。 中学部は、高校受験クラス、中1・2年クラス。 高等部は、ブロードバンド予備校、伊藤先生の入試直前セミナー(別名:夜スペ)数学・物理・化学のセンター対策。そして高1のスペシャル復習講座(英・数) 個別指導クラスでは、中学生と高校生。 

こんなあんなで様々なクラスがありますが、「手抜き」は一切なしの真剣授業
 
 このようなすべてのクラスには、クラスに応じたコンセプトがあり、我々講師の「思い」「熱!」が授業にたくさん注入されています。

 
 この子は、計算を!あの子は、特に英語の単語暗記。中2の彼女には、国語の読解と漢字・漢字・漢字!高3の男子は、英語長文の速読力アップを!そうしないとセンターの英語は3ケタの点数がとれない!

 とにかく、クラスにそして一人ひとりに対して、学力アップのアツい気持ちは講師全員が持っています。
 
 いや~! とても大変ですが、気合いを入れてがんばっているつもりです。

e0177961_192255.jpg


でも、たまにこちらの意向が伝わらないことがあります。

 それは、とても残念なことですね。

 また、こちらの発言に対してマイナスな事柄を言う生徒がたま~にいます。

 そういう場合は、クラスのためにもそしてその子のためにもなりませんので、しっかり注意します。

 今日は、そんなことがありました。もちろん、しっかり注意しました。

~ 勉強することに、意味がない!ということは一つもないのですよ! ~

e0177961_194379.jpg



 なかなか、我々の意向を伝えることは難しい!ですね。

このこととは逆に、人が変わったんじゃない!っというくらいに猛勉強している中3の女の子たちもいます。「うちは、今までの生活に後悔しています。無駄に時を過ごしていました。」と。
 
 また、本館の一斉授業から別館の個別指導に変更して勉強している中2の男子。彼に最近、笑顔が出てきました。理由を聞くと、勉強が分るようになって楽しいらしいです。 

 もう、うれしいじゃないですか。

先日、我々以上に授業を懸命にされている先生から、色紙とお守りをいただきました。

 
e0177961_1285244.jpg


 即、別館のブロードバンド予備校のブースの上に飾りました。

 高3の生徒たちも、BBYの山本先生のことを覚えていたようで、とても喜んでいました。

 「塾長!これって?」「そうだよ、これはあの山本先生からだよ!」

 山本先生!ありがとうございました。また、あの大阪のボケと突っ込みの話が聞きたいですね。

 
 この冬期集中セミナーは、例年以上に過酷ですが、毎日がドラマです。
 
 山本先生のように、子どもたちを引っ張っていくのは上手くないかもしれませんが、彼らと真剣勝負でこれからも指導していくつもりです! 

 
 
 p.s ちくしの進学教室の今井塾長!山本先生の色紙とお守りを持って来ていただき、ありがとうございました。多忙にも関わらず、申し訳ありません。
[PR]
by akashi-asunaro | 2011-12-28 02:06 | 子ども | Comments(0)

 祇園精舎の鐘の音、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらわす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者もついには滅びぬ、ひとえに風の前の塵に同じ。 

*口語訳 (祇園精舎の鐘の音には、「諸行無常」(万物は絶えず変化していく)の道理を示す響きがある。娑羅双樹の花の色は、「盛者必衰」(盛んな者も必ず衰える)という道理を表わしている。おごりたかぶっている人も長くその生活が続くものではなく、それはちょうど、春の夜の夢のようにはかないのである。また、勇猛な人も結局は滅んでしまうもので、それはまったく風の前に置かれた塵のようなものである。)

e0177961_10313349.jpg


 ご存知、平家物語の冒頭部分ですね。
 
 昔も今も、結局は「諸行無常」そして「盛者必衰」なんですね。

 これは、作者未詳の作品ですが、「当時の平清盛の横暴のありさまほど、人々の想像や言語に絶するものはなかった」、と述べています。

 私の中学時代は、何度も暗記させられましたし、今でもそのようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 昨年、うちの塾の近くにとても大きなお菓子・ケーキ屋が出来ました。おそらく、以前からあった別のお菓子・ケーキ屋には、物すごい打撃でしょう!しかも、12月オープンでしたので、、、。
 今年は、私の行きつけのラーメン屋が店を閉じ、そのあとにサンクスというコンビニがオープンしました。しかし、すでにセブンとポプラが200~300mぐらいのところにそれもお互い反対側にありました。その間にサンクスがオープンしたわけです。
 やはり、セブンとポプラの売上はサンクスのオープンで少しはダウンするでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大なり小なり、何でもそうでしょうが、
 
  昔も今も、結局は「諸行無常」そして「盛者必衰」なんですよ。

 またこれは他者と比較せず、自分自身にも置き換えることができます

       「気持ちの持ち方」のことです。

  特に受験生は、これからは感情の起伏が激しくなるかもしれません。
 
     ~ 良いときもあれば、悪いときもある。~

  でもそれはすべて、「自分との戦い」なんですよね。
  
  とにかく、がんばって欲しいと願っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今年も残り少なくなってきました。

 2011年は、日本にとって、とても大変な年でした。

 これも「諸行無常」「盛者必衰」のことわりなんでしょうか?

                           つづく

以上

p.s 最近、自転車で帰宅するのが大変になってきました。とても寒いからです。でも、たくさん着込み、「完全防備」で帰っていたら寒さも程よく楽しめました。やっぱり、「前もって、、、」ですかね。
 
[PR]
by akashi-asunaro | 2011-12-23 10:35 | こころ | Comments(0)

 昨日の12月11日(日)に筑陽学園中学高等学校をお借りして、模試を開催いたしました。

◆この模試のタイトルは、「入試実戦模擬試験」であり、その名のとおり、受験生に入試さながらの模擬体験をさせるのがねらいです。

 この模試の参加受験生は、筑紫野市の西鉄朝倉街道駅前にある「ちくしの進学教室」、筑後市の八女にある「セイコーゼミナール」、糟屋郡宇美町にある「進学教室SKY」そして、あすなろ伸学舎の4塾に通塾している生徒たちで、この日は約240名が集結しました。

e0177961_17555451.jpg

 この模試が開催されるにあたって、参加者の募集・動員からテスト問題の作成・修正・校正・採点基準、受験票作成そして印刷、試験当日までの流れ(塾によってはバスの手配)、当日の運営(タイムテーブル)など、ありとあらゆる仕事が山積しつつ、それを一つずつこなしていってこの入試実戦模試が開催されるわけで、自塾の仕事と同時にやっていきますからとても大変な作業なんです。

 またこの模試は、別の意味で、我々が生徒たちを「外に出して、客観的に観察できる」というねらいもあります。

e0177961_17562030.jpg


 受験生が各塾の教場でしっかり学習していても、このようなaway(アウェイ)で学力を発揮できないと意味がありません。そういう意味では、彼らにとって大切な模擬体験であり、その結果は我々講師たちにも、これから入試に向けての大切なデータになります。

 この模試自体は、おかげさまで、入試会場までの登下校そして模試中に大きな問題は発生しませんでした。まあ、しいて言えば、英語のリスニングテストで1教室だけ、音とびがあり再度流したことと、アナウンスで私が噛みまくったことぐらいです。(いきなり「時間が無いです!」と言われ、緊張してしまいました(涙!))

◆模試終了後は、例のごとく4塾で懇親会を開きました。
 
 この懇親会は、まあ一種の忘年会みたいなもの。つまり、「1年間、みなさんおつかれさまでした。」と、お互いにこの1年の労をねぎらう会のようなものです。

 しかし、みんな異なる塾なのに、信じられないほど毎回盛り上がります。ホントに!

 この4塾の集団は、ACEネットワークという名のもとに集まったアツい集団。

 このACEネットには、久留米の英数研、福岡市早良区のいちごゼミナールと活気あふれる塾も仲間ですが、また「新しい息吹」がこの集団に入ってくれそうです。

 
 ~ 我々にとって、この入試実戦模試の終礼のチャイムは、
     これから入試に向けて激動な日々が始まるチャイムでもあります。 ~

 
 進路決定・冬期講習・中学入試・高校入試・大学入試・春募集ととてもハードな日々が途切れなく続いていきます。いや~全く、体力勝負でもありますな!


 模試に参加してくれた生徒のみなさん、そして送迎等でご協力いただいた保護者のみなさま、お疲れさまでした。特に生徒のみなさんは、この経験を活かして本物の入試合格を勝ち取ってください。 

 また、ちくしの進学教室・セイコーゼミナール・進学教室SKYそしてあすなろの職員

  模試はお疲れさまでした。みなさんの一人ひとりのご協力のおかげで、無事に終了しました。
  ありがとうございました。また来年やりましょう。

  みなさん、来年も皆さんにとって良い年になるよう祈念いたします。

                            あすなろ伸学舎 赤司 穣

 

[PR]
by akashi-asunaro | 2011-12-12 18:42 | 教育 | Comments(8)