めっきり寒くなってきました。特に夜は冷えます。
 
 みなさん、風邪をひかないように気をつけましょう!

 去る10月1日(火)に各中学校で「学力診断テスト」が実施され、その結果が返却されました。
 そのテストの採点方法は、一様に同じになっていますので各中学校の学力レベルを図ることができます。

 ここで、どの中学が何位などとは書けません。

 このテストは、公立入試スタイル?で、1科目60点満点×5=300点満点。

 ここ近隣の中学校が平均で全体の60~62%つまり180~186点ぐらいとっていたようです。

 平均はおそらく175点前後に落ちつくと予想しています。その点数で偏差値50だと思います。

 
e0177961_23295320.jpg


 実はこのテスト!各中学校によって対策をやったやっていないで学校平均点や個人の点数に大きく影響しているのでは?と考えています。実際に、そうなっているようです。

 つまり、「平等な条件での判定」ではないことになります。
 だから、このテスト結果を鵜呑みにするのはどうかな?と感じています。

 例えば、学力診断テスト日の前後に中間テストがあるかないかでも、点数は大きく変化すると予想しています。
 うちの塾でも、9月下旬に中間テストを実施した中学校と、最近になって中間テストを実施した中学校があります。9月下旬に中間テストがあった生徒たちがかわいそうですよね。 

 また、各中学校の学校平均点を一斉に公表したとすると、必ずやクレームが噴出するでしょう。
 

 この時期に決まって実施される学校行事は、
  中2の修学旅行、文化発表会、合唱コンクールそして各定期テスト。
 
 これらの行事(修学旅行以外)を各自治体である程度、日程を合わせて実施すれば、このような一斉学力診断テストはきちんと判定できるのではないでしょうか。
 もちろん、このための対策はやってはいけないことが条件ですが。
 
 おそらく、結果は今とはちがうデータになるでしょうね。

 というのも、うちの近くの中学校は、ずう~っと対策をやっていましたから。(汗)

 となると、今現状で使えるデータは、夏課題テストの結果がOKでしょう!
  また、11月1日(金)が第2回の学力診断テストがありますが、これもまた使えるでしょう。
  その理由として、対策があまりできないからです。

 残念ながら、こんな内容を書いても結局、そのデータを使わざるを得ません。

 ◎もし、このデータを各中学校独自のものとして使用するならば、「その対策」をする必要はありません。

 では、なぜ対策をするのでしょうか?

 それは、各中学校間の競争
   そして各私立高校もそのデータを必要としているからです。

 実際には、生徒への学習指導をきちんとしていれば、その子の学力がどれくらいなのかは把握できるはずなのですが、、、。

 学習塾は、
 ~みずから門をたたいて、お金を支払い教えを受けるプライベートスクール ~

 このように、私は割り切って指導していますので、公教育とは一線を画します。

 何度も言いますが、

 小中学校(公教育)は、なるべく平等であってほしい

                                      と願っています。

 以上
 
 


 みんな、がんばれ!


 
[PR]
by akashi-asunaro | 2013-10-26 00:46 | 教育 | Comments(0)

 わたしにも来年受験の中3の息子がいます。

 う~ん、わが子の教育はやはり難、難です。そのためか、公立高校受験は断念せざるをえません。
 ということは、私立高校入学のための「準備金」をどうにか捻出しないといけません。

 はて? 

 いくらぐらいかかるとかいな?(おおかた、知っていましたが。)

 公立と比較しながら、真面目に調べてみました。


 
              公立高校          私立A高校
 受験料           2,100                 15,000(円)
 入学申込金         5,550                 30,000(円)
*入学一時金         約100,000          施設拡充費   約180,000(円)
 (*課外費・空調費・進路指導費・同窓会費・父母会費・その他諸々)
     ①小計      約107,650                約225,000(円)


②必要物品          約100,000                約120,000(円)

(制服・体操服・靴・カバン・教科書など)

①+②合計        約207,650                  約342,500(円)


 ここまでは、毎月の校納金(授業料)以外に必要なお金になります。
 物品費用は私立高校によって異なります。

              公立高校          私立A高校
 授業料           0                   約26,000(円)
 修学旅行積立金       約5,000                  約8,000(円)
 その他           約2,600                  約5,000(円)
                         就学支援金など   ▲10,400(円)      
毎月の校納金③小計      約7,600                  約28,600(円)

①+②+③合計      約215,250                約371,100(円)  

 上記合計金額が入学時までの必要なお金になります。が、私立高校によっては、もっともっとかかる場合があります。ですから、35~45万円ぐらいの幅で必要なお金がかかる可能性があります。また、毎月の校納金についても、就学支援金等を引いても4万円前後かかる私立高校もあるようです。 
(公立私立両校ともに、模試・課外費などは別途徴収のようです。それから、私学は4月に予納金?も収めないといけない場合があります。) 

 先の「就学支援金」に関しては、所得に応じて給付額も異なるようです。その所得額とは、250万円を超える超えないが鍵を握っています。 
 詳しくは《 就学支援金って?② 》http://hinokiblog.exblog.jp/13347881/

 ◆最近、私立高校専願受験合格特典という制度を設けている高校をよく見かけるようになりました。
 それは、専願受験で合格した者は、施設拡充費を全額あるいは半額免除というもの。
 全額免除なら、入学時は公立高校の必要経費とあまり変わらないということになります。信じられません。
 この制度の影響からか専願受験もかなり増えています。
 
 ◆また、学習成績が良い受験生には、学力奨学生なる制度もあります。(授業料が全額・半額免除など)

 正直言って、私立高へ入学すると、公立と比べて3年間で学費が100~150万円ぐらい余計にかかることになります。そのため、私立受験校をきちんと、しっかり調べて選んでください。

 わたし的には、学費が余計にかかる分だけ、公立より手厚い指導がなされていると信じています。

 ~ 自分できちんとコントロール出来る子は公立高校、
      そばに誰かついてあげないといけない子は私立高校! ~

 うちの息子は、後者になります!

 あ~、これからお金を貯めないといけません。

           以上

 みんな、がんばれ!
[PR]
by akashi-asunaro | 2013-10-20 00:55 | 教育 | Comments(0)

 
                H25    H24    H23   H22    H21  平均倍率
 筑紫丘    計     1.70   1.51   1.66   1.52   1.50   1.58
         理数    3.03   2.48   2.20   2.00   2.20   2.38
         普通    1.57   1.41   1.61   1.47   1.43   1.50
         *裏倍率  1.77   1.56   1.73   1.57   1.55   1.64

 福岡中央         1.55   1.54   1.47   1.43   1.69   1.54

 春日            1.27   1.37   1.44   1.38   1.27   1.35

 筑紫            1.19   1.40   1.39   1.21   1.59   1.36

 筑紫中央         1.59   1.54   1.50   1.61   1.59   1.57

 武蔵台           1.35   1.04   1.47   1.28   1.34   1.30

 太宰府   計      1.00   1.07   1.23   1.36   1.37   1.21
        普通     0.99   1.03   1.23   1.41   1.41   1.21
        英語     1.00   0.93   1.10   0.95   1.05   1.01
        芸術     1.08   1.38   1.28   1.00   1.08   1.16

  志望校選択および決定の際の参考資料にしてください。
   
 上記の筑紫丘*裏倍率とは、私が勝手に名づけたのですが、意外と知られていない倍率です。
そもそも、理数科受験で合格できなかった受験生は、志望すれば普通科への転科合格が可能になります。H25の場合、理数科不合格で普通科で学力検査される生徒は、121-40=81名。普通科での受験者数627名に81名加算されますので、計708名。そして定員は400名ですから、倍率は1.77になり、公表倍率1.70とは異なるわけです。(あくまでも理数科受験生の全員が普通科へ志望した場合)

 あまり倍率を気にしないで!といわれる先生もいますが、それは学力相当の受験校を志望している生徒への言葉だと思いますよ。基本的に、定員が400名の高校の場合、1.25の倍率を超えると100名以上の受験生が涙を流すことになります。そのため、1.25を超える場合は慎重に、、、。

 上記表で見てみますと、筑紫丘、福岡中央、筑紫中央は平均倍率が高いことがわかります。ですから、ボーダーと言われる偏差値は超えておかないと、、、。しかし、この地区はどちらにしても高い倍率で激戦区になっています。

    以上

 みんな、がんばれ!
[PR]
by akashi-asunaro | 2013-10-12 17:13 | 教育 | Comments(2)

 「ブログを書け!」と、ちくしの進学教室の今井塾長から言われてから、300回目の投稿となり、また、このタイトルの投稿は100回目となりました。いつもこのブログに訪問していただいてありがとうございます。しかし、アクセス数(訪問者数)は約68,000。ブログ平均アクセス数は227。もうすぐ、まる3年経過しますので、一日平均で62アクセスということになります。まだまだ尻が青いですか?これからも、気の利いたことは書けませんが、がんばって投稿していきます!(最近は何故か一日500越えが多いです。はぁ?)


 さて、もう秋ですね。

 
e0177961_19334023.jpg

 
 今、この塾業界では、
 私立高校の来年度のための学校説明会が開催されています。
 塾の先生方は、
 夕方から深夜?にかけての仕事なので、みんな眠たそうです。

 でも、塾生のために一生懸命に集中して聞いていらっしゃるようです。

 うちの塾では、
 そんな各私立高校のホットな情報を保護者のみなさまに聞いていただく会を企画いたしました。
 
 というより、毎年恒例の行事でもあります。
 参加校は、
 筑陽学園、九州産業、東福岡、精華女子高校の4校で各高校の先生方が説明していただけます。
 日時は10月12日(土)19:00スタートです。
 塾生以外の保護者の方もOKです。
 みなさんの積極的なご参加をお待ちしています。

 
e0177961_19452821.jpg

 また、各中高生においては、
 定期テストや実力診断テストが実施されています。
 はっきり言って、
 何をどうしていこうか?というぐらい業務が山積していまして、毎日がしんどいですね。
 
 学習指導しているときが、唯一、「生徒と楽しく過ごせている」と感じています。

 早いもので、今年もあと3ヶ月です。いや、本当に早いですわ。

 朝と夜の寒暖差がすごくある時期です。みなさん、お体にはお気遣いください。

 来年は消費税8%ですか?
 
 これから、おそらく駆け込み需要が増えるんでしょうね。特に高額な買い物が、、。

 来年のうちの月謝価格やテキスト代は、どうしようかな?と考えています。

 以上

 みんな、がんばれ!


[PR]
by akashi-asunaro | 2013-10-02 19:49 | 日常の出来事 | Comments(0)