タグ:出来事 ( 177 ) タグの人気記事

最近、うれしいニュースがたくさんあって、微笑ましいかぎりです。

例えば、

生徒たちの定期テストの点数が上がってきたこと。

全然勉強しなかった生徒が勉強するようになったこと。

高1の子が塾続けて良かったと言ってくれたこと。

うちの嫁さんが優しくなったこと。

昔うちの塾で知り合い、それが縁で最近結婚したこと。


中でも、

点数が上がったとか勉強するようになったこと。

こんな話などは、特にいいですね!

なぜ、こんな話をするのかというと、
実は
子どもに勉強するきっかけを作ってあげ、
そのレールに乗かって、勉強する気になってくれる確率は、
非常に低いと考えていますから。

本当は、全員がそうなってくれると良いのですが、
なかなか、、、難しいことなのです。

*ここでいう勉強するとは、何かを犠牲にして勉強のために生活習慣が変わったことをいいますよ。

e0177961_01193337.jpg
ちょっとここで私の過去の話をしますが、

私は小学6年から塾に通っていました。
昭和48年のことですから、どっぷり昭和時代っす。
その当時は、自宅兼塾が多かったようでした。
5教科を一人の先生から小さな黒板で説明され、そして板書。
勉強ばっかりで、分からなかったら釣りざおで
叩かれていました。
私は、叩かれている理由すら分からず、反省することもなく、
ただ行っていました。「分からないから来てるのに?」

それでも、釣りざおを恐れながら、
中卒までの4年間を惰性的に通塾していたことを
覚えています。効果はあったのかどうか?
そんな効果というより「すべて子どもしだい」
という親のスタンスでしたから、効果うんぬんなどの言葉はありません。
なんせ昭和時代の「先生」ですからね。逆らえない存在ですよ。

そういう私の過去からも、
「生徒との会話」というものは非常に大切だと痛感しています。

塾は成績上げてなんぼ!ですが、

今の子どもたちは、昔と違いスマホ、ゲームという楽園に釣れて行ってくれる
2大天使がいますから、彼らにはそう簡単に太刀打ちできません。
彼らと少し距離をおいて、勉強する気にならないとですね~。
定期試験前だけ一生懸命になってはくれますが、
「時すでに遅し」という子も中にはいます。

そのため、角度を変え

他愛もない会話や自分たちや先輩たちの話。
また、将来の様々な話を生徒の目線で会話してあげることも
勉強するきっかけになるのかもしれませんね。
だから、私の時代もそんな話をしてほしかったですね。

あの~、勉強する気になってくれれば、

教えるだけで学力は伸ばしやすくなるのです。はい!

明日からも
たくさんの子どもたちに
その「きっかけ」を作ってあげるために
精進していきます。

うちのスタッフと共に。

以上

みんな、がんばれ!

p.s うちの子たちは、試験対策ではきちんとやってくれていますが、
 まだまだ点数に出ていない子も中にはいます。その子たちのためにも。







[PR]
by akashi-asunaro | 2017-06-02 01:47 | 自己啓発 | Comments(0)

久々に更新します。

目下、各中学高等学校ばらばらに定期試験が実施されています。
また今年は、近隣の中学校の体育祭もばらばらです。

そのためか定期試験対策も大変です。
その対策をする授業と新単元を指導する授業と分けてしないといけません。
しかも同日に。(汗!)

おそらく、大手塾ではそんなことできないのかもしれません。

また、それに輪をかけて、うちは今年度から試験対策の実施方法を変更しましたので、、、。

うちの職員たちは、よく指導してくれています。

e0177961_01332991.jpg


手前味噌ながら、

うちの塾は
生徒と先生たちの距離が近いです。
これもまた、
当塾あすなろ伸学舎ができる技だと思います。

とにかく、試験対策前における生徒一人ひとりの指導、声かけは
けっこう多いと自負しています。

しかし、こちらがしっかり指導しても先方が理解、暗記、練習してくれないとだめですね。
また、勉強に対する「日常的な脳の活用」をしておかないと、
テスト直前にガリ勉しても良い結果はでません。

これからは、

今まで以上に

子どもたちに

勉強に対する

日常的な脳への刺激をさせることが課題となりそうです。



小学から高校まで、

勉強に対する、

「脳への刺激」そして「日常的な脳活用」。


さて、

それを

どうやっていこうか?

以上

みんな、がんばれ!

P.S  ホームページをリニュアルしました。
   まだ完成ではありませんが。






[PR]
by akashi-asunaro | 2017-05-25 01:46 | 学習 | Comments(0)

 今年の甲子園、春の選抜高校野球を見られましたか?

 実は、元あすなろ生が今回出場していたんですよ!

 いや~、教え子が甲子園のうぐいす嬢のアナウンスで呼ばれ、
 バッターボックスに立ったときは、夢を見ているようで、またとても興奮しました。

 しかも、ベスト8まで勝ち進みました。大したものです。

 その元あすなろ生とは、東海大福岡の2年(新3年) 前原生弥くんです。
 彼は、春日野中出身です。私が担当した中2個別生から中3夏以降は本館一斉授業。

 
e0177961_19465016.jpg


 確か、福岡大大濠もベスト8でした。

 今回の春の選抜は、九州勢が強かったですよね。

 彼は昨日、福岡に帰って来てすぐに来塾してくれました。
 また、現あすなろ生に、力強い言葉を書き残してくれました。

 彼は寮生活でまた少ない休み(2日間?)の中、疲れているのに申し訳ないと
 感じましたが、会えてうれしかったです。

 職員みんなも喜びと興奮を感じていたようです。

 おかげで、なんかパワーをもらった感じがします。
 というのは、
 彼の体に、甲子園の雰囲気というか香りというか、
 そんな余韻がまだ残っている感じがしたからです。

 前原、ありがとう!

 次は、夏の甲子園です。

 一戦一戦、勝ち上がるのが大変でしょうが、また甲子園に戻ってきてほしいですね。

 最後に、

 早稲田実業と戦ったときの感想を聞くと、

 清宮くんは、体がとても大きくオーラを感じる。
 また彼の打ち上げたフライを取りそこなったのは、
 あんな高いフライを見たことも取ったこともなく、落下地点にはいたけど
 再度伸びて落ちてきたから取れなかった。やっぱり彼は別格です。
 と言っていました。

 以上

 みんな、がんばれ!

 
 
 
[PR]
by akashi-asunaro | 2017-03-31 20:30 | 日常の出来事 | Comments(0)

「地域の子どもたちの学力向上」に少しでも貢献していきたいと心底から思い、開塾して17年経ちました。

 また、この春日・大野城地域の皆さまのご支援もあり、無事にあすなろ伸学舎の第17期生も卒塾していきました。誠にありがとうございました。衷心から感謝いたします。

 現時点で2017年の中3および高3生の合格実績を公表いたします。
 
【高校入試】 第一志望合格率 26/35 74%!
筑紫丘   2名  
春日    1名  
筑紫    4名   
筑紫中央  2名
武蔵台   5名
柏陵    1名
太宰府   1名
福岡農業  2名

東明館   2名
東福岡   5名 (英数 1名 特進 1名 進学 3名 )
福岡女学院 1名 (進学 1名)
筑陽学園  5名(S特進(選抜含む)4名 特進1名 )
九州産業  8名( 特進 2名 進学 5名 機械 1名)
筑紫台  12名 (アドバンス 3名 特進 3名 進学 1名 総合 1名
          工業 3名 コンピュータビジネス 1名) 
海星女子  1名 (特進 1名)
純真    2名 (進学 2名)
福岡女子商 1名 (進学 1名)

e0177961_18123887.jpg

 
◆結果を見られて、「公立合格が少ない!」と感じられた方も多いと思います。
 あすなろ伸学舎という塾は、けっして「公立高校合格」にこだわらず、3年後の大学入試を見据えたうえで受験者が公立向きか私立向きかを考えて進路指導を行っています。

 *そもそも、「公立向きか私立向きか?」とは、自分できちんと勉強できる生徒が「公立向き」で、それができない生徒が「私立向き」という考え方。もちろん、勉強と部活の両立がきちんとできることも「公立向き」となります。
 そのため、当塾では私立専願受験者も少なくなく、毎年高い割合で受験しています。こういう指導をしていますので、私立高校での学力奨学生としての合格者も今年は14名(在塾生の40%)という高い割合になっています。

ただ、この業界が合格率に固執していますので、うちの塾もその風潮に煽(あお)られています。
うちの塾は、合格率にはそこまでこだわりがありません。また、トップそして準トップ校だけの合格にはこだわっていません。塾生一人ひとりがご家族のたいせつなお子様だからです。
 どこを受験しようとも受験生それぞれに、それぞれの学力に相当する負荷がかかっていると考えています。だから、「合格」という言葉を聞いただけでうれしくなります。
 また、「ハードルが高いけどチャレンジしてみる」という場合もあります。
 今年がそんな年でした。
 ですから、こどもたちのチャレンジ精神を見せつけられお互いに切磋琢磨しながら入試までがんばってきました。 
 塾生のみんな、よく努力してきました。
      また おつかれさまでした!
 

e0177961_18133077.jpg


 【大学入試】すべて現役合格です。
九州大学    1名
長崎大学    1名
福岡女子大   1名
佐賀大学    1名

西南学院大   10名
福岡大学    11名
創価大     1名
中村学園大   1名
国際医療福祉大 2名
久留米大    3名
九州産業大   3名
筑紫女学園大  2名
福岡女学院大  1名
西九州大    1名
白百合女子大  1名
聖マリア看護大学1名
福岡女学院看護大1名
福岡看護大   1名
              2017年 3月15日判明分

 新高校1年および新大学1年のみんなは4月から新たなる学校生活が始まります。

 合格者そして志望校に入学できなかった人も、新しい環境でまた自分を信じて学習生活を送っていってくださいね。
 行き場所が決まったら、合格・不合格の思いは、時とともに風化していきます。
 とにかく3年後あるいは4年後を念頭にいれて、日々がんばってください。

 
 以上 

 みんな、がんばれ!


[PR]
by akashi-asunaro | 2017-03-15 18:13 | 日常の出来事 | Comments(0)

平成29年度 福岡県公立高校一般入試志願状況 第5学区(普通進学のみ)   
    今回は確定です。
(数字がきちんと並んでいませんので、見にくいかもしれません。すいません!)
◆第5学区
       志願者数/定員数   倍率(昨年最終倍率) 推薦数   実質倍率
 筑紫丘  計 682 / 440  1.55(1.51)  47     1.62
      普通 601 / 400 1.50(1.40)  40     1.56
      理数 81 / 40  2.03(2.63)   7      2.24
 福岡中央   585 / 360  1.63(1.53)  46     1.72 
                             *昨年は定員400名
 春日     554 / 440  1.26(1.41)  57     1.30 
                             *昨年は定員400名      
 筑紫    551 / 400  1.38(1.22)  52     1.43
 筑紫中央  651 / 440  1.48(1.58)  52     1.54
                             *昨年は定員400名
 武蔵台   604 / 400  1.51(1.53)   58     1.60
 柏陵    457 / 360  1.27(1.29)   57     1.32 
   (環境科学 38 /40  0.95(0.88)    5     0.94)
                            *普通科内457名に含む   
 太宰府  計 354 /360  0.98(0.84)   86     0.98
      普通302 / 320  0.94(0.82)  52      0.94
      芸術 52 /40 1.30(1.05)   34      3.00  
      *英語コースは募集停止   
 福翔   475/320   1.48(1.55)   85     1.66
     福岡県教育委員会 高校教育課 H29入試志願状況より抜粋

 *実質倍率とは、(志願者数-推薦合格者数)÷(入学定員―推薦合格者数)=実質倍率となります。
  おそらく、この倍率が本当の倍率になると考えられます。
 


  今回も、他の学区の偏差値上位校をがんばって掲載してみます。

       志願者数/定員数   倍率(昨年最終倍率)
◆第1学区
 京都       316 / 280   1.13(1.09)
◆第2学区
 小倉       412 / 320   1.29(1.36)
 戸畑       315 / 240   1.31(1.40)
 小倉西      314 / 240   1.31(1.37)*昨年は定員200名
◆第3学区
 東筑       454 / 320   1.42(1.56)
 八幡       393 / 320   1.23(1.34)
 北筑       338 / 280   1.21(1.48)
◆第4学区
 福岡       650 / 400   1.63(1.52)
 香住丘      506 / 400   1.27(1.21)
 宗像       397 / 320   1.24(1.27)
 新宮       571 / 400   1.43(1.67)*昨年は定員360名
◆第6学区 
 修猷館      760 / 440   1.73(1.65)
 城南       631 / 400   1.58(1.76)
 筑前       602 / 440   1.37(1.38)*昨年は定員400名
◆第7学区
 朝倉       285 / 240   1.19(1.06)*昨年は定員280名
◆第8学区
 明善       451 / 320   1.41(1.59)
 久留米      394 / 240   1.64(1.32)*昨年は定員280名
 小郡       321 / 240   1.34(1.32)
◆第9学区
 八女       287 / 240   1.20(1.21)
◆第10学区
 伝習館      219 / 200   1.10(1.26)
◆第11学区
 田川       222 / 200   1.11(1.12)
◆第12学区     
 嘉穂       357 /320   1.12(1.15)
◆第13学区     
 鞍手       292 /240   1.22(1.26)
 
 ◆実業高校等
 小倉商[1.32(1.33)] 戸畑工[1.28(1.41)] 若松商[1.21(1.22)] 八幡工[1.38(1.20)]
 宇美商[1.09(1.24)] 香椎工[1.34(1.22)] 福岡工[1.26(1.54)] 福岡農[1.43(1.39)]
 八女工[1.28(1.57)] 八女農[1.09(1.04)] 浮羽工[0.85(1.03)] 
 田川科学技術[1.05(1.07)] 筑豊[1.03(0.81)] 行橋[1.23(1.05)] 折尾[1.20(1.13)]
 久留米商業[1.37(1.33)] 福岡女子[1.21(1.21)] 小倉工[1.18(1.24)] 博多工[1.55(1.74)]
    *総合学科のある高校は除外しています。

 もう確定したからには、前へ進むのみ!
 これからは、時間との戦い!いかに、効率よく受験勉強をするか!です。
 
 うちの塾もみんな、アクセル全開っす!

 みんな、がんばれ!
[PR]
by akashi-asunaro | 2017-03-01 22:52 | 教育 | Comments(0)

 平成29年度 福岡県公立高校一般入試志願状況 第5学区(普通進学のみ)   
    今回は中間発表です。
(数字がきちんと並んでいませんので、見にくいかもしれません。すいません!)
◆第5学区
       志願者数/定員数   倍率(昨年最終倍率)  
 筑紫丘  計 692 / 440   1.57(1.51)   
      普通 610 / 400  1.53(1.40)          
      理数 82 / 40   2.05(2.63)
 福岡中央   594 / 360   1.65(1.53)  *昨年は定員400名
 春日      559 / 440  1.27(1.41)  *昨年は定員400名       
 筑紫      549 / 400  1.37(1.22)
 筑紫中央   646 / 440   1.48(1.58)  *昨年は定員400名
 武蔵台     603 / 400   1.51(1.53)
 柏陵      446 / 360   1.24(1.29) 
   (環境科学  33 / 40)  0.83(0.88)*普通科内446名に含む   
 太宰府  計 345 / 360    0.96(0.84)
      普通 293 / 320    0.92(0.82)
      芸術 52 / 40    1.30(1.05)

    福岡県教育委員会 高校教育課 H29入試志願状況より抜粋
 
  今回も、他の学区の偏差値上位校をがんばって掲載してみます。

       志願者数/定員数   倍率(昨年最終倍率)
◆第1学区
 京都       325 / 280   1.16(1.09)
◆第2学区
 小倉       413 / 320   1.29(1.36)
 戸畑       316 / 240   1.32(1.40)
 小倉西      316 / 240   1.32(1.37)*昨年は定員200名
◆第3学区
 東筑       458 / 320   1.43(1.56)
 八幡       392 / 320   1.23(1.34)
 北筑       298 / 280   1.06(1.48)
◆第4学区
 福岡       654 / 400   1.64(1.52)
 香住丘      505 / 400   1.26(1.21)
 宗像       395 / 320   1.23(1.27)
 新宮       575 / 400   1.44(1.67)*昨年は定員360名
◆第6学区 
 修猷館      760 / 440   1.73(1.65)
 城南       646 / 400   1.62(1.76)
 筑前       589 / 440   1.34(1.38)*昨年は定員400名
◆第7学区
 朝倉       282 / 240   1.18(1.06)*昨年は定員280名
◆第8学区
 明善       451 / 320   1.41(1.59)
 久留米      408 / 240   1.70(1.32)*昨年は定員280名
 小郡       315 / 240    1.31(1.32)
◆第9学区
 八女       294 / 240   1.23(1.21)
◆第10学区
 伝習館      222 / 200   1.11(1.26)
◆第11学区
 田川       224 / 200   1.12(1.12)
◆第12学区     
 嘉穂       356 / 320   1.11(1.15)
◆第13学区     
 鞍手       294 / 240   1.23(1.26)
 
 福岡県は13学区の受験区が設定されています。
 学区によっては倍率の高低さが極端でしょう?おそらく、人口密度のちがいだと考えられます。
  
 上記掲載している高校がすべてではありませんよ。ご注意してください。あくまでも学区上位校のみ掲載していますので。

 *上記すべての倍率には推薦入試合格者数も含んでいます。

e0177961_4324692.jpg



 ふ~う、疲れました。確実に老眼になってしまったせいか、毎回ですが、資料の数字データを見るのが大変でつらいです。私がこんな感じですから、今回も!うちの伊藤先生に全面的に手伝ってもらいました。伊藤先生!有難うございました。
  
 今回はこれで終わらせて下さい。
 確定倍率がまた出ますので、その時に寸評を書きます。
[PR]
by akashi-asunaro | 2017-02-22 17:03 | 教育 | Comments(0)

【 福岡地区 私立高校 27校 前期一般入試志願状況  】

 携帯等では見えにくいかもしれません。パソコンだったらOKだと思います。

順位(昨年)     倍率(昨年)  募集定員   志願者数   昨対増減
1 (2) 福岡工大城東  4.51(4.39)    505(505)   2279     +62
2 (5) 九産大九州  4.22(3.77)    582(582)    2455     +263
3 (4) 九州産業   3.91(4.22)     600(600)    2345     ▲187
4 (1) 福岡大大濠  3.90(4.46)    410(410)   1598     ▲231
5 (3) 福岡舞鶴    3.79(4.37)     350(334)   1326     ▲133
6 (7) 福岡常葉    3.32(2.84)    200(200)   663      +95
7 (6) 筑陽学園    3.31(3.45)    420(420)    1392     ▲55
8 (9) 中村学園女子  2.75(2.50)    390(385)  1071     +110
9(12) 中村三陽    2.67(2.31)    150(200)   400     ▲61
10(8) 西南学院    2.57(2.52)    230(230)   590      +11
11(11)東福岡    2.55(2.37)    700(700)   1787     +127
12(16)東海大福岡   2.46(1.96)    320(310)  786      +179
13(10)筑紫台    2.33(2.42)    560(545)    1302     ▲18
14(17)精華女子    2.24(1.90)    400(400)    894     +133
15(24)純真     2.23(1.20)     230(230)    512     +53
15(13)博多      2.23(2.21)    390(380)    847     ▲14
17(15)博多女子    2.18(2.01)    240(240)    524     +42
18(14)筑紫女学園  1.94(2.09)    330(320)    640     ▲50
19(21)福岡第一   1.64(1.51)     760(760)    1248     +98
20(20)第一薬科大付 1.51(1.62)     210(210)   317     ▲24
21(19)福岡大若葉  1.42(1.64)    390(390)   554     ▲87
22(18)福岡海星女子 1.26(1.69)    150(150)   189     ▲64
23(23)立花     1.21(1.26)     145(140)   175      ▲2
24(26)福岡雙葉   1.09(0.81)      90(90)    98      +25
25(22)沖学園    1.03(1.35)     420(420)  433     ▲133
26(ー)*福岡女子商業  0.89(ー)     220(ー)   196     
27(25)福岡女学院   0.80(0.82)    100(130)    81      ▲25


*1月24日実施の専願入試の人数も含みます。  西日本新聞2月2日付朝刊を参考
*福岡女子商業は2017年度から私立高校になるそうです。

 【寸評】純真高校の伸びがすごいです。9ランクアップです。それに続いて東海大福岡の伸びが4ランクアップ。九州高校そして精華女子がともに3ランクアップです。*中村三陽は昨年から定員50名減ですから3ランクアップにはなりませんね。

 ★今年の受験者は24702名。それに対し定員は9482名、平均倍率2.61!★

 当然のことながら、倍率が高い学校は人気がある!ということになります。

 が、倍率が下がった高校は人気が低くなった!という理由ではない場合があります。

 というのも、生徒が多くなりすぎてこれ以上増やせないという高校もあり、あえて受験者数を減らしたという高校もなかにはあるということです。
 
 そもそも私立の各中学高校や大学には、文科省に提示している「学則定員」というものがあり、その枠内であれば生徒一人当たりに助成金を国から支給されます。というのも、校納金(学費等)だけでは学校経営はできないからです。そのため、この定員を超えて入学させてしまうと、その超えた人数分の助成金は支給されず、おまけに文科省から何らかの指導を受けるそうです。こういう状況はどの学校も望まないため、入学者が多くなりすぎると予想する場合は、残念ながら少し減らす対策をしなければならなくなります。

 ということで、倍率が下がったから人気が落ちたとは必ずしも言えないわけです。
 
 
 さて、私立高校を選択するうえで、

 ①大学の合格実績 
 ②クラブ活動
 ③各中学校や塾や兄弟姉妹(OB・OG)の勧め 
 ④学費・学力奨学生特典 
 ⑤距離や交通アクセス 
 ⑥学校の施設・環境
 
などが考えられます。

 うちの塾生のなかには中堅の公立高校を志望せず、私立高校の学力奨学生として学費免除で大学入試のために通学する生徒も増えています。また、前期私立入試で学力奨学生の特典を手に入れて、受けたい公立高校をチャレンジする生徒も増えています。

①志願者の多い順ベスト5(定員の人数を考慮せず)
順位(昨年)          志願者数
1(3)九産大九州          2455
2(1)九州産業           2345
3(2)福岡工大城東         2279
4(5)東福岡            1787
5(4)福岡大大濠          1598

 九州高校は今年は人気がある!と聞いていましたが、やはりでした。またここ数年伸びがすごいです。

②志願者が昨対で多く増えたベスト5
順位             昨対増数
1 九産大九州         +263
2 東海大福岡         +179
3 精華女子          +133
4 東福岡           +127
5 中村女子          +110

 精華女子がまた復活してきたようです。しかし、男女別学の東福岡や中村女子もよく伸ばしています。

 毎年のように、この志願倍率は各私立高校のトップの学科・コースが異常に高くなっています。
が、あまり気にしなくていいと思います。どの学校もその定員どおりに合格者を出しません。もっと、もっと多く合格者を出しますので!
 おそらく、どの私立高校もあまり不合格者は出せないと思います。
 ただし、とても悪い点数や試験中での身なり・様子などから判断して、高校が不安がる受験者は不合格の対象になると思いますよ。まあ、そんな生徒はめったにいませんけど、、、。

  

 以上

 みんな、がんばれ!

[PR]
by akashi-asunaro | 2017-02-03 04:28 | 日常の出来事 | Comments(2)


e0177961_151654.jpg ハロウィン、あるいは、ハロウィーン(英: Halloween または Hallowe'en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れては「トリック・オア・トリート(Trick or treat. 「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。
(Wikipediaより一部抜粋・編集)
e0177961_154942.jpg



 どうもこのハロウィンは、日本でも定着しつつあるようですね。

 うちのALTのクリスは毎年のようにこの時期は、子どもたちにお菓子を配っていましたが、今年は彼もやりたかったのでしょうか、変装してやって来てくれました。
e0177961_1114287.jpg


 何に変装したと思いますか?
 画像が見えにくくて残念ですが、Joker(ジョーカー)です。バットマンに出てくる悪者です。
 
 ということは、私がバットマンに変装すれば良かったのでしょうが、、、。
 おそらく変装したところ、
 コウモリでなくマントを羽織ったくまモンになっていたことでしょう(やせよう!)

 子どもたちの反応は良すぎて、大騒ぎでした。
 
e0177961_117154.jpg

 
e0177961_1173495.jpg

 上2枚の写真は中1.
e0177961_1183212.jpg

 これは中2の写真です。

 みんな楽しそうでしょう。
 いつもと違う瞳や笑顔を見ることができました。

 Thank you, Chris for coming in Halloween costume!
 I had a very good time with my students today.
Please give my best regards to your wife Norie.

 
塾は勉強するところですが、たまにはこんな刺激もいるな!と感じました。

 部活で疲れ、眠たい目を一生懸命開けながら授業を聞く。
 まあ、残念ながらずっと集中はできないでしょう。

 だから、先生がメリハリのある授業を!なんでしょうが、、、。
 それは、いつも、いつもずっとできるとは限りません。

 
 そういう意味で、

 年に1~2回のバカ騒ぎもありかもですね。授業進度に支障がない程度に。

 それでは、来年からうちの職員にやってもらいましょうかね?!

 みんなカツラがかぶりやすい人ばかりですから(汗!)

 
 みんな、がんばれ!

 
 
 
 
 
[PR]
by akashi-asunaro | 2016-10-25 01:38 | 思い出 | Comments(0)

 うちの塾に関して、台風の影響はあまりなかったようです。

 良かった、よかった。

 というわけで、今日は通常通りやっています。


 しかし、昨日のこと。

 「明日の塾は何時から開いていますか?」

 「通常の午後2時からオープンだけど。」

 「え~、朝から開いてないのですか?

  学校が休みだから、、、。」

 「自分たちの都合で塾が動くことはないよ!」


  こんな会話がありました。

   
e0177961_18273577.jpg
(まだ午後3時なのに続々と自学をしに来ています。)

  だけど、うれしいことですね。



  タイトルにある滅茶苦茶な英語の

  ~ No School Want 塾 ~

  いささか、複雑な思いをしますが、、、。


  でも、学校の授業が最優先なんですが、、、。

  最近のうちの子たちは、塾優先みたいです。


  まあ、いいっか。


 みんな、がんばれ!


   以上
  
   

 
 
[PR]
by akashi-asunaro | 2016-10-05 18:39 | 日常の出来事 | Comments(2)



 夏に生まれて短期間に死ぬ虫は、冬があることを知らないから

 氷のことを聞いても、笑って相手にしない。

 つまり、見聞が狭いということのたとえ。

 ~ 夏の虫氷を笑う ~


 先日、うちの選抜メンバーを他塾へ連れていき他の生徒たちと競って来ました。


 
 まだまだ、うちの生徒たちは入試実践のための受験指導をしていませんので、

 大敗することはわかっていました。

e0177961_16135856.jpg


 が、まさかの「殲滅(せんめつ)」に近い状態になるとは、


e0177961_16142277.jpg


 予想しませんでした。

 まあ、うちの生徒たちも薄々感じていたはず。

 ならば、玉砕=当たって砕ける!

 とまでいかないのも、「現代っ子」なのかなぁって感じました。

e0177961_16261581.jpg


 
 酷評かもしれませんが、すべての結果は想定内。

 
 そもそもこの遠征。

 彼らの現状の学習状況にメスを入れるためのしかけ。

 また、自分たちが知らないことを他の生徒は知っている!

 ということを意識してもらうために

 この遠征に参加させました。


 
 彼らにとって、完全アウェイ。

 まずもって異常な違和感!そして緊張、不安、、、といった

 受け止め方は、生徒によってさまざまだったでしょう。

e0177961_16145995.jpg


e0177961_16415891.jpg


 この経験を活かし、入試までの受験勉強に日々努力してほしい!

 と願っています。みんな、おつかれさん!

 
 ~ みんな、夏の虫のようにならないように! ~

 

 最後に、学思館の田畑社長そして三苫校の下川先生および職員の皆さま、完璧な準備をしていただき有難うございました。そして、今井塾長率いるちくしの進学教室、古道塾長率いるセイコーゼミナールのみなさん、おつかれさまでした。次は筑陽模試で会いましょう。


 みんな、がんばれ!

 p.s 夏の虫氷を笑う=井の中の蛙大海を知らず と同じ意味です。
   でも、受験生には前者のほうが色々な意味で合致している気がします。

 
[PR]
by akashi-asunaro | 2016-10-04 16:59 | 教育 | Comments(2)