タグ:気持ち ( 68 ) タグの人気記事

また、更新します。

最近、生徒たちが学校の先生の教え方がわからないと、よく言います。

プロなら、それじゃまずいですね。

言っている生徒の態度が悪いってこともないようですが。


ひいきするわけではないですが、

特に小学校の教諭は、指導以外のデスクワークが多すぎです。

中学校も同様かもしれませんね。

そもそも勉強を教えることが先生業なのに、本末転倒してますよね。



うちでは、前回のブログでも書いたように、

生徒たちとのコミュニケーションを大切にし、

どこの塾にも負けないように指導しています。

それでも伸びていない子は、テスト実施までの

がんばり度が足らなかったということになります。


また、成績を伸ばすためには、

勉強だけではなく、

目標、姿勢、生活習慣、忍耐力などにおける

有無や良し悪しも影響すると考えています。


子どもを預かって、学力を身に着けさせることは、

非常に難しいことなのです。



e0177961_00563498.jpg


しかし、子どもたちにとってのいちばんの先生は

やはり、親なのです。

だから、いつも叱ってるだけではいけないようです。

とにかく、6:4(7:3)の割合でほめる:叱るをしたらいいと思います。

結果が悪くても、

6:4(7:3)の割合でほめる:叱るをしたらいいと思います。



最後に、

「育て方」に関する考え方の一例を。

例えばですが、

親にとって将来、
自分の子どもを部下にできるか?

親にとって将来、
自分の子どもを結婚相手にできるか?

こういうことを念頭に入れて、

育てていくのもいいのではないでしょうか?

以上

みんな、がんばれ!









[PR]
by akashi-asunaro | 2017-05-30 01:09 | 子ども | Comments(0)


e0177961_151654.jpg ハロウィン、あるいは、ハロウィーン(英: Halloween または Hallowe'en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れては「トリック・オア・トリート(Trick or treat. 「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。
(Wikipediaより一部抜粋・編集)
e0177961_154942.jpg



 どうもこのハロウィンは、日本でも定着しつつあるようですね。

 うちのALTのクリスは毎年のようにこの時期は、子どもたちにお菓子を配っていましたが、今年は彼もやりたかったのでしょうか、変装してやって来てくれました。
e0177961_1114287.jpg


 何に変装したと思いますか?
 画像が見えにくくて残念ですが、Joker(ジョーカー)です。バットマンに出てくる悪者です。
 
 ということは、私がバットマンに変装すれば良かったのでしょうが、、、。
 おそらく変装したところ、
 コウモリでなくマントを羽織ったくまモンになっていたことでしょう(やせよう!)

 子どもたちの反応は良すぎて、大騒ぎでした。
 
e0177961_117154.jpg

 
e0177961_1173495.jpg

 上2枚の写真は中1.
e0177961_1183212.jpg

 これは中2の写真です。

 みんな楽しそうでしょう。
 いつもと違う瞳や笑顔を見ることができました。

 Thank you, Chris for coming in Halloween costume!
 I had a very good time with my students today.
Please give my best regards to your wife Norie.

 
塾は勉強するところですが、たまにはこんな刺激もいるな!と感じました。

 部活で疲れ、眠たい目を一生懸命開けながら授業を聞く。
 まあ、残念ながらずっと集中はできないでしょう。

 だから、先生がメリハリのある授業を!なんでしょうが、、、。
 それは、いつも、いつもずっとできるとは限りません。

 
 そういう意味で、

 年に1~2回のバカ騒ぎもありかもですね。授業進度に支障がない程度に。

 それでは、来年からうちの職員にやってもらいましょうかね?!

 みんなカツラがかぶりやすい人ばかりですから(汗!)

 
 みんな、がんばれ!

 
 
 
 
 
[PR]
by akashi-asunaro | 2016-10-25 01:38 | 思い出 | Comments(0)

 
 失敗したよ


 それはたくさんやったほうがいい

 それは経験が蓄積していいから

 でも失敗したことは許されない



 成功したよ


 それはたくさんやったほうがいい

 それは夢実現に近づくから

 でも次は失敗するかもしれないから

 許されない


e0177961_2541935.jpg



 それじゃ どっちにしても許されないの?

 

 そうだよ


 それじゃ やるのが怖い!

 
 どっちになったとしても、

 やってみないと失敗や成功もない!


 だったらやるしかないよ


 そうだ!

 でもそのためには 「勇気」が必要だ

 その勇気こそ

 失敗や成功も許してくれるはず

 

 うん、勇気出してやってみる



 よし!

 また、その結果を受け入れる「謙虚さ」も
 
 失敗そして成功を

 常に許してくれるはずだ!




みんな、がんばれ!
 



 


                            塾長より


 

*謙虚:自分の存在を低いものと客観的に見、相手の考えなどの中に取りべきものが有ればすなおに受け入れる態度を失わない様子。
                        (「新明解国語辞典」第4版より抜粋)1989

*謙虚:自分の能力や置かれている立場をありのままに受け入れ、相手の意見を認めてすなおに取り入れたり、相手を抑えるような自己主張を控えたりする様子だ。。
                        (「新明解国語辞典」第6版より抜粋)2005


  
ps 催促されて、ようやく書くことができました。今回は、自分や生徒そして周囲に対するエールじみた内容です。私も勇気が無いもんなあ。まあ、へたれですわ。新明解国語辞典の表現はいつも感動します。また、その時代?に応じて変化してますね。
 
[PR]
by akashi-asunaro | 2016-09-30 03:20 | 自己啓発 | Comments(0)

「大きなことをできる人はたくさんいますが、

 小さなことをしようとする人は、

 ごくわずかしかいません。」

 ~ マザ-・テレサ ~

 
e0177961_18575651.jpg



 人に対する気遣いは、ちょっとしたことで

 ありがたいと感じられることがよくあります。

 しかし、誰もが小さなことなどやりたくないし、

 気づきもしません。

 また、成功や目標達成するためには、

 ごく些細なことから、コツコツと地道にやっていかないと

 実現できません。

 成功者や目標達成者、そして人から慕われる人は、

 その点から違うかもしれません。


 みんな、ガンバレ!

 以上
[PR]
by akashi-asunaro | 2016-05-11 18:58 | 自己啓発 | Comments(0)

 あすなろ恒例行事の「合格祈願」を、本日12月19日(土)に実施いたしました。
 受験生全員の参加ではありませんでしたが、ほとんどの生徒が出席してくれました。
 
e0177961_21323065.jpg


 ここは春日ですから、毎年のように春日神社の神主 星野さんに祈願していただきました。
 星野さん!いつもありがとうございます。
 いつも、神主さんとお会いすると、入試が近い!という条件反射が起こり、身が引き締まる思いをしています。

 
e0177961_2133373.jpg

 
 
 厳粛でかつ神聖な雰囲気が漂う神主さんの祈願中、受験生たちは一生懸命に息を凝らし、静かに祈願していたのがとても印象的でした。
e0177961_21344623.jpg

 
 今日があすなろにとって一つの節目。
 
  
<気合いが入っている高3>
e0177961_21351994.jpg

<神主さんに感動して興奮している中3①>
e0177961_21354772.jpg

<神主さんに感動して興奮している中3②>
e0177961_21384128.jpg

<神主さんに感動して興奮している中3③>
e0177961_21393223.jpg


受験生全員が、再度スイッチを入れ直し、入試までアクセル全開で受験勉強をしてほしいと思います。

しかし、1年が経つのが早いっすね~。

来週から冬期セミナーが始まります。

みんな、体調管理に気をつけて、一所懸命にがんばってください。我々スタッフも負けないように頑張ります!

以上

みんな、がんばれ!




 

[PR]
by akashi-asunaro | 2015-12-19 21:51 | Comments(0)

《 社章or 舎章 》

e0177961_17514584.jpg

 またまた久々のブログ更新です。

 生徒たちには、さぼっているように見えるようですが、、、(汗!)。

 意外としっかりやっているのですよ、これでも。

 
e0177961_17504728.jpg


 さて、今回は「社章or 舎章」どっちにしても、そんなものを作りました。

 え~、「それ自体がさぼっている!」と言われるかもしれませんが、、、。

 でも、ずっと前から考えていました。

 
 
e0177961_17223550.jpg


 
e0177961_1723517.jpg
 

 どうですか?

 木作りの舎章(社章)っす。

 かわいいでしょ!

 でも、本当のあすなろの木は広葉樹ではなく針葉樹なんですよね。

 でもでも、もう16年近くやっているから、このマークで作成していただきました。

 裏が安全ピンと突き刺すピンタイプの2種類をね!

 制作依頼したところは、熊本の玉名にある
「雑貨・木のおもちゃスタジオ NAME LESS」さん。
 
http://name-less.com/wordpress/?author=1
 

阿部さん、すばらしいバッチ!ありがとうございました。また、むちゃな注文してすいませんでした。

出来上がりに、けっこう満足しています。

 また、書きます!

以上

 
みんな、がんばれ!
 
 



[PR]
by akashi-asunaro | 2014-12-10 17:58 | 日常の出来事 | Comments(0)

 前回のブログ更新からずいぶんと時間が経ってしまいました。

 客観的に見て、「さぼっている」んでしょうね私は。
この醜態は、、、(汗!⇒猛省)。

 さて、今回は私の持論を話します。

 8・7・6という数字。

 これは、各学校で実施される定期テストにおける指導された内容の割合です。

 具体的に、

 小学校では、実施されるテストの8割、中学校では7割、そして高校では6割が指導されているということ。

 となると、高校でのテストは、テスト範囲はもちろんで、プラス自分で考えないといけないことになります。

 だから、高校できちんと学習し、その他のこともきっちり!とやっておかないと、大変な点数をとってしまうんじゃないですか!

 中学での勉強は、授業での指導はもちろん、ワーク学習そして朝自習プリントや暗記プリント等などもしておかないと点数がとれないでしょう。
 試験直前に「ワークが終わった!」と喜んでも、残念ながら結果は見えています。


 総じて言えば、

 学校の授業を理解・暗記だけでは満点はとれなく、中でも高校においては、「応用力」や「多面的な暗記」が必要となってくると考えています。

e0177961_175031.jpg


 しかし、実際の現場では、ふつ~うのことを出来ない生徒が半分以上!

 勉強をしないし、やってもすぐ忘れる。そりゃ~そうでしょう、日頃から脳みそを鍛えていませんから。


 我々塾人ですから、そんな子供たちに対して、なんとかかんとかやっていますし、やらせています。


 学習指導現場の中で、子供たちにとって一番たいせつなこと。

 それは、「やる気」を持たせること。


 彼らは、やる前に 「できる・できない」を考えています。
 そんなことよりも、「やるか・やらないか」を明確にさせ、でもその状況は、いつも「やる」しかないのです。

 もう~いつも、たいへんなんです。

e0177961_131933.jpg


 もうすぐ、期末テスト!


 それが終わると、受験生は志望校決定の面談。

 それが終わると、冬期セミナー。

 それが終わると、(中学入試)、大学センター入試、私立高校入試、

 それが終わると、私立大学入試、国公立2次試験、公立高校入試。

 それが終わると、来年度の募集のための春期セミナー。


 こういうふうに、いろいろとあると、いちいち準備や指導そして「叱咤激励」をしなくちゃいけません。

 とても、面倒臭くて大変ですが、実は、楽しんでいます。子どもたちにもそう思うように努力しています。

 
 やはり、やるからには「真剣に」そして「ワクワク感」が大切です。

 だから、あすなろでは、子どもたちの「やる気の芽」が、いろんなところから出てきます。
 
 
 「塾=入試」のように考えられていますが、まあ、当たり前ですか?

 「入試結果=塾の真価が問われる!」

 でもうちの、「あすなろ伸学舎」はそれだけにはこだわりません。

 以上

 みんな、がんばれ!


 p.s 今回は独断と偏見で持論を書きました。
 

 
 
[PR]
by akashi-asunaro | 2014-11-15 01:42 | 教育 | Comments(2)

 先週から少しヒントを与え続け、昨日の月曜日に模擬テストを実施しました。

 ●「まずは、点数を上げる喜びを!」をスローガンにやりました。

 
 職員みんなは、「少しは上がりました」というコメント。


 でも、正直言って、かなり上げてほしかった、、、。

 残念ながら、私の英語もあまり上がっていない(涙!)。

 
 おそらく、ヒントが足りないのか、生徒たち一人ひとりの意識が足りないのか、、、。

 または、こっちの伝え方が悪いのか、、、。

 てなことで、課題は山積。

 
e0177961_1947169.jpg


 いや、結果が今ひとつなのは、すべて我々職員の指導法が悪いと判断します。


 まだまだ、工夫が要りますね、この指導法は。


 ●中1・2の子どもたちは、

 けっこう元気に授業参加。

 復習授業をすると、

 少しずつ、「やばい」「忘れとった!」などの声が聞こえては、

 「勉強せな、いかん!」と反省の弁。


 私は、その言葉、言葉を信じてあげたい。


 さあ、明日もどんなやり方で、生徒に学習指導するか?


 毎日がドラマです。

 以上


 みんな、ガンバレ!



 
 
[PR]
by akashi-asunaro | 2014-08-05 19:56 | 日常の出来事 | Comments(0)

 夏セミ本講座の前半戦があと4日。

 この講座の中での課題は、

   どうやって、やる気を持たせて勉強をさせるか?

 です。

 例えば、今私に宅建の試験勉強をしろ!と言われても、

興味が全くありませんので、やる気が起きません。

 仮に、その関連本を開いても、知識が蓄積していませんので、ちっとも分りません。

 やったとしても、途中で挫折するでしょう。


 現状のうちの教場でも、そんな感じの生徒は少なくないでしょう。

 だから、習いに来ていると感じています。

e0177961_23344156.jpg


 そのため、興味を持たせて勉強に向かわせるのは「至難の業」。

 おそらく、

 声かけ、

 持ち上げ(褒め上げ)、

 楽しく、面白く、

 そして信頼関係。

 もしかしたら、おどかしも必要か?


 こんな要素を加味させて指導しないと、生徒は乗ってくれないでしょう。


 まだまだ、授業コマはたくさん残っています。

 このチャンスを活かして、

 一人でも多くの生徒に「やる気」を持たせたいと切に願っています。


 さあ、明日はどんな授業をしようかな?

 以上

 みんな、ガンバレ!

 

[PR]
by akashi-asunaro | 2014-08-04 23:39 | 日常の出来事 | Comments(0)

 うちの今年の夏セミ。

 特に中3に限って。

 毎週月曜日は、例年どおり模擬テスト。

 でも、今年はちがう。

 点数が上がる喜び=「わかる」「できる」=「できた」

 こんな感情を持たせたい!

 だから、各教科の職員は、来週の模擬テストのために

 この5日間、中1・2の復習を兼ねて

 そのテストの出題箇所の指導もやっている。

 
e0177961_115803.jpg


 この指導法!

 いささか、インチキだけど

 「まずは、点数が上がる喜び」が大切じゃないか。

 あとは、子どもたちの意識しだい。

 来週の月曜日がその1回目。

 さあ、脳内に花火が上がるか?

 以上

 みんな、ガンバレ!


[PR]
by akashi-asunaro | 2014-08-02 12:04 | 日常の出来事 | Comments(0)