タグ:自己啓発 ( 60 ) タグの人気記事

 
 失敗したよ


 それはたくさんやったほうがいい

 それは経験が蓄積していいから

 でも失敗したことは許されない



 成功したよ


 それはたくさんやったほうがいい

 それは夢実現に近づくから

 でも次は失敗するかもしれないから

 許されない


e0177961_2541935.jpg



 それじゃ どっちにしても許されないの?

 

 そうだよ


 それじゃ やるのが怖い!

 
 どっちになったとしても、

 やってみないと失敗や成功もない!


 だったらやるしかないよ


 そうだ!

 でもそのためには 「勇気」が必要だ

 その勇気こそ

 失敗や成功も許してくれるはず

 

 うん、勇気出してやってみる



 よし!

 また、その結果を受け入れる「謙虚さ」も
 
 失敗そして成功を

 常に許してくれるはずだ!




みんな、がんばれ!
 



 


                            塾長より


 

*謙虚:自分の存在を低いものと客観的に見、相手の考えなどの中に取りべきものが有ればすなおに受け入れる態度を失わない様子。
                        (「新明解国語辞典」第4版より抜粋)1989

*謙虚:自分の能力や置かれている立場をありのままに受け入れ、相手の意見を認めてすなおに取り入れたり、相手を抑えるような自己主張を控えたりする様子だ。。
                        (「新明解国語辞典」第6版より抜粋)2005


  
ps 催促されて、ようやく書くことができました。今回は、自分や生徒そして周囲に対するエールじみた内容です。私も勇気が無いもんなあ。まあ、へたれですわ。新明解国語辞典の表現はいつも感動します。また、その時代?に応じて変化してますね。
 
[PR]
by akashi-asunaro | 2016-09-30 03:20 | 自己啓発 | Comments(0)

「大きなことをできる人はたくさんいますが、

 小さなことをしようとする人は、

 ごくわずかしかいません。」

 ~ マザ-・テレサ ~

 
e0177961_18575651.jpg



 人に対する気遣いは、ちょっとしたことで

 ありがたいと感じられることがよくあります。

 しかし、誰もが小さなことなどやりたくないし、

 気づきもしません。

 また、成功や目標達成するためには、

 ごく些細なことから、コツコツと地道にやっていかないと

 実現できません。

 成功者や目標達成者、そして人から慕われる人は、

 その点から違うかもしれません。


 みんな、ガンバレ!

 以上
[PR]
by akashi-asunaro | 2016-05-11 18:58 | 自己啓発 | Comments(0)

 いや~、このブログ更新を最長記録の5か月間、さぼっていました。

 すっかりアクセス数も激減でした。

 また、「ずっと同じ内容ですよ」「更新してください」と、うちの個別指導スタッフ、生徒、高校の諸先生方、悪友また、飲食店経営者など、さまざまな方々からのクレームをいただきました。

 しかし、それに負けずと、更新をさぼってきました。

 すいませんでした。

 というか、この1年間、あまり更新していないのが現状。

 理由は、たくさんありますが、そのどれもが ― しょうもない理由 -ですから書きません!

 
e0177961_091280.jpg


 現在、夏期セミナー実施中。

 上記写真は、中3の宿題バトル(7/21~25)の様子。

 参加者も全体の6~7割程度。まだ部活で試合等が残っているためだそうです。

 まあ、心機一転として、背景を変えてみました。

 今回、これで勘弁してください。

 これから、定期的に更新?しようと思っています。

 
 みんな、がんばれ!

[PR]
by akashi-asunaro | 2015-08-02 00:24 | 日常の出来事 | Comments(0)

 夏セミ本講座の前半戦があと4日。

 この講座の中での課題は、

   どうやって、やる気を持たせて勉強をさせるか?

 です。

 例えば、今私に宅建の試験勉強をしろ!と言われても、

興味が全くありませんので、やる気が起きません。

 仮に、その関連本を開いても、知識が蓄積していませんので、ちっとも分りません。

 やったとしても、途中で挫折するでしょう。


 現状のうちの教場でも、そんな感じの生徒は少なくないでしょう。

 だから、習いに来ていると感じています。

e0177961_23344156.jpg


 そのため、興味を持たせて勉強に向かわせるのは「至難の業」。

 おそらく、

 声かけ、

 持ち上げ(褒め上げ)、

 楽しく、面白く、

 そして信頼関係。

 もしかしたら、おどかしも必要か?


 こんな要素を加味させて指導しないと、生徒は乗ってくれないでしょう。


 まだまだ、授業コマはたくさん残っています。

 このチャンスを活かして、

 一人でも多くの生徒に「やる気」を持たせたいと切に願っています。


 さあ、明日はどんな授業をしようかな?

 以上

 みんな、ガンバレ!

 

[PR]
by akashi-asunaro | 2014-08-04 23:39 | 日常の出来事 | Comments(0)

 職員みなが、年をとってきています。

 平均年齢が45歳を超えてきています。

 でも、大学生がたくさん、うちを手伝ってくれていますので、「ごまかし」が効いています。

 夏期セミは、職員みながハードワーク。

 それは、「ブラック企業」といわれても仕方がないかも。


 今年で16年目の夏セミ。

 やっぱ、自然な積年というか積歳つまり老化には抵抗できませぬ!

e0177961_23114899.jpg


 しかし、まだまだこれからです、夏セミは。

 同業界のみなさま、がんばっていきましょう。

 子どもたちの笑顔は、何よりのエネルギー源。


 さあ、明日もがんばりましょう!

 以上

 みんな、ガンバレ!

[PR]
by akashi-asunaro | 2014-07-29 23:13 | 日常の出来事 | Comments(0)

 あ~あ、とうとう今日から年齢に1プラスしないといけなくなりました。

 最近、同学年である弁護士の友人や私立高校の教頭先生と話す機会がありました。

 そこで持ち上がる話がけっこう同じ内容で、

 「最近、人のミスばっかり指摘するようになり、そんな歳(とし)になりましたなあ~」っということです。

 おそらく、若い人たちにはとても小さなコトなんでしょうね。

 でも、それが半世紀も生きたシーラカンスやカブト蟹もどきの人種には、

 「けしからん!」のでしょう。

 
 あ~あ、歳はとりたくないものです。

 
e0177961_2134567.jpg

 
 ん? 

 じゃあ、わしらのような人種は、平均的にあと何年生きるのだろう?

 と、ふと思い調べてみました。

 
 日本の平均寿命は世界1位で83歳
 ほかにスイスサンマリノも1位でした。

 最下位国は194位のシエラレオネの47歳。
 周知されている国で、185位アンゴラ、マリ、チャドの3カ国で51歳
 
 やばっ!私と同じ歳の51歳。思わず固唾(かたず)をのみました。
 「来年は死ぬのか?」

 待て!落ち着きましょう!
 
 日本男性平均寿命79歳(5位)、女性86歳1位)。

 ここは日本ですよね!

ということは、単純計算で私はあと平均で28年間は生き延びることができる?わけですか!
 
 お~! ちょい、安堵感がよみがえってきました。

 平均寿命の短い国の大半は、やはりアフリカ州でした。

 この数字は、WHOの世界保健統計2013年版(数字は194カ国の2011年)によるものですが、こんな数字も発見しました。

 60歳以上の人口の割合1位日本30%
 老人が約3600万人。老人大国ニッポンか?
 2位から31位までは、ほとんどが欧州。欧州は老人が多いんですよ。
 
 その逆で、15歳以下の人口の割合で1位はニジェールで49%。
 なんと最下位(193位)は日本13%

 これらの統計から、残念ながら日本が世界一、少子高齢化が進んでいる!ということになるわけです。
 ついで、ドイツ、イタリアも少子高齢化が進んでいるそうです。

 
e0177961_214137.jpg


 ~ このような高齢化世界一の日本の将来は、
 
   少子化世界一の影響で

   「働く人」が少なくなって大丈夫なんでしょうか?

 
  
 Goodアイデアがあります。


 「二人っ子以上政策」はいかがでしょうか?

 いや、いや!日本の医療分野をもっと進化させ、定年退職年齢をもっと延ばせば?

 となれば、バリバリと働く80歳代の青年がいてもおかしくないわけですよ。

 よ~し、そんな薬を作ってくれる子どもたちを育てるか!


 ~ 男は死ぬまで夢を持ち続ける少年! ~

                                       以上

 みんな、がんばれ!


 p.s 自分のことしか考えることができなくなったことも、歳をとった証拠ですかね。
 でも、死ぬまでに富士山に登ってみたいですな。しかし、アクセスが何故多いのか?今日も590でした。
 

 
 
[PR]
by akashi-asunaro | 2013-09-28 01:17 | 日常の出来事 | Comments(0)

 1日は24時間。

 これは、この地球上のあらゆる生命体にとってみんな同じ。

 
e0177961_275986.jpg


 ヒトのドキンと心臓を打つ時間は約1秒。

 ハツカネズミのそれは、0.1秒。

 ゾウは3秒。

 哺乳動物は、一生涯を約15億回という回数でドキンドキンと打つらしい。

 その15億回と心拍数の関係の計算によって

 ハツカネズミの寿命は約2~3年。

 ゾウのそれは約70年。

 ハツカネズミやゾウは、大きさは異なるが相対的に同じ一生らしい。

 ヒトはその計算で算出すれば、約26.3年。

 事実、縄文時代のヒトの寿命は推定で約31年だったそうだ。

 だが、ヒトは頭脳を活かし寿命を延ばしてきた。

  (数字そしてその内容は本川達雄著「ゾウの時間 ネズミの時間」から引用)
 
e0177961_1552594.jpg

 
 話をヒトに戻すが、

 
 1日に与えられた時間はみな平等。

 使い方は、ヒトそれぞれ。

 また、さまざまな思いで時を過ごす。

 平等に与えられたこの一日一日という時空間の蓄積の中で、

 能率的に、そして有意義になるように工夫して活動したヒトたちは、

 きっと、何か得るものがあると思う。

 
e0177961_2421366.jpg


 しかし、成功した人たちは、

 ヒトそれぞれ平等に与えられたこの時空間を、

 あのハツカネズミのように変身して活動したのかもしれない。

                            以上
 


 p.s 私は時間の使い方がとても下手だと痛感し、今回は反省を込めて自己啓発文を書いてみました。はい、猛省!
 
 
[PR]
by akashi-asunaro | 2013-06-07 01:08 | 自己啓発 | Comments(0)

 ゴールデンウイーク(GW)も終わり、気を引き締めて仕事に打ち込んでいきましょう!

 なんて、「上から目線?」のように書いて申し訳ありませんが、

 このGWは物を売る店にとって、千載一遇のチャンスだったことでしょう。

 そのためか、GWの前の新聞折込チラシはとても多かったと記憶しています。


 昨日、近くのコンビ二のオーナーと話す機会があり、「GWはたくさん売れましたか?」とたずねました。


e0177961_1736773.jpg

 すると、

 「全然ダメでした。しかし、車で行き来するファミリーが多いと思って、簡単に食べられる物をたくさん用意していました。それらはまあまあ売れました。」と言っておられました。

 私は、その「簡単に食べられる物をたくさん用意していました。」という部分に、とても驚きました。

 
 やはり、商売はいつも何らかのしかけやアクションが必要なんだと考えさせられました。

 しかし、売り手だけが儲けるんじゃ長続きしませんよね。
 
 売り手と買い手のお互いがプラスになるWIN-WINの関係でないとうまくいきません。

 
 話はそれるかもしれませんが、

 これからうちの生徒たちは、体育祭の練習・準備、中間テスト、中体連と忙しくなります。

 彼らを漫然(マンゼン)とさせず、我々(講師・先生・親)がしっかりと引っ張っていかねばなりません。

 そういう意味で、我々も漫然とせず何かきちんと考え、毎日何か一つアクションを起こそうと思います!

 みなさんもいかがですか、毎日何か一つのアクションは?

                  以上


 p.s 漫然:「特別の意識や目的を持たないままに何かをする様子だ。」
                        新明解国語辞典第六版より
[PR]
by akashi-asunaro | 2013-05-08 17:56 | 日常の出来事 | Comments(0)

 ある日のこと。

 通勤自転車のギアがおかしくなった。自分で修理しようとがんばった。
 でも、上手くいかず数日後に自転車屋さんへ行った!

 悔しかったが、5分もしないうちに正常になった。

 ある日のこと。

 歯が痛くなった。薬を服用し数日間ガマンしたが、
   耐えきれず歯医者へ行った。

 診察してもらうと、原因は菌が存在していることが判明した。
  薬を処方してもらい、すぐに痛みが治まった。

 やはり、両者ともプロのなしえる業(わざ)だと感動させられた。


e0177961_1892167.jpg

 
 だったら、自分たちの仕事はどうだろう?

 即効性はないのが残念だが、、、。


 
 改めて、自分たちの内面において、

  仕事に対するプロ意識の有無というものを考えさせられた。

e0177961_1863979.jpg

 ただ教えるということではなく、

 彼らの夢実現を前提とした、

 子どもたちの生活リズム、学問に対する好奇心・熱意、
  周囲のサポート・教師の叱咤激励

 これらの要素が学力向上に必要と考えられる以上、

 我々は、少なくともこれらの要素を念頭に入れ、
  指導していかないとプロとは言えない!と心底から感じた。

 しかし、これはかなりの難行であるが、、、。

 また、これらの要素を考慮せずに指導できるところは、
  予備校ではなかろうか?

 
 この業界は、修理や治療してすぐ治るというわけではない点で、
  精神的にも肉体的にもとても酷使する業界だと思う。

 だから、日々精進していかねばならない!

 生徒そして我々講師も。

                      以上

 p.s たまには、こういう文も書かせてください。単なる自己啓発文ですが。
    みんな!連休4日間は、ゆっくり休みましょうね。
 
 

[PR]
by akashi-asunaro | 2013-05-01 18:30 | 自己啓発 | Comments(0)

 現在、入試終わった生徒、もうすぐ入試を受ける生徒。また、不安で塾に状況把握を聞きに来られる親御さん。入塾の問い合わせ。うちが12月決算なので税務関係の書類作成の連絡!プラス月謝明細の作成。もちろん、質問対応や授業プリントの作成。〇×△♪◆□~。

 あ~もう、仕事MAXになっています。

 しかし、うちのおふくろがよく言っていた言葉、

 「忙しいのは、生きている証拠よ!」

        何の意味もない言葉ですが、何故か納得してしまいます。

   
 
e0177961_2233670.jpg

   日々の別館の状況。少しリニュアルして広くなりました。


 
e0177961_2235395.jpg

   個別ブースも1つ増設して4ブース。

 
 ◆冬期セミナーの最終日に受けさせた模試結果が届きました。

 私立対策がメインの冬セミ。公立対策の模試だったので、結果が最悪!

 彼らは、その結果をどう受け止めるか?それが問題です。

 ◆1月19日(土)は、自衛官試験(高等工科学校)を男子は受験させます。
  合格は偏差60以上だと、、、。
  そして22日(火)は私立専願入試。2月1日(金)は私立前期入試。
  おっと、19日は国公立大のセンター試験!も実施されます。

 ~ みんな、やるだけやったんだから大丈夫だ!
           しかし、まだ時間がある。最後まで粘れ!~

 ★こうやって、多忙なのは「生きている」っていう証拠なんですかね?やっぱり、、、。
  
 ★このように、「生きてる」って感じるのは、考えてみると、在塾生やその親御さんそして地域の皆さまのおかげなんだと痛感し、とても感謝しています! 彼女(おふくろ)は、そのことを言っていたのでしょうか?まさか!

 それなら、もっともっとがんばらないかんですな! よっし!

                       以上 

 

[PR]
by akashi-asunaro | 2013-01-17 02:45 | 自己啓発 | Comments(0)