《 最後の学び舎選び 》


◎私立
〔制度編〕
専願入試 平成22年1月26日(火) 
前期入試 平成22年2月5日(金)・後期入試 平成22年2月13日(土)
専願入試:志望学科・コースへの合格の場合、前後期の私立入試および公立受験はできない。
前期入試:志望学科・コースへの合格の場合、後期私立入試および公立受験はできる。
後期入試:志望学科・コースへの合格の場合、公立受験はできる。


〔福岡市内および近郊の私立高校〕
男子校:福大附属大濠・東福岡
女子校:筑紫女学園・福岡雙葉・福岡女学院・中村女子学園
     福大附属若葉・*博多女子・海星女子・*精華女子
共学校:西南学院・東明館・筑陽学園・*九州産業・*筑紫台
        *印は実業系のコース有り
     ちくちくねっと 私立高校特集参照

〔当塾が学力奨学制度を利用して受験させている高校〕
男子校:福大附属大濠(スーパー)・東福岡(英数・特進)
女子校:中村女子学園(V特)・福大附属若葉(スーパー・特進)
     博多女子(特進)・海星女子(特進)・精華女子(特進)
共学校:筑陽学園(S特)・九州高校(特進)・九州産業(特進)・筑紫台(特進)
 

*メモ
授業料軽減が予定!
①年額118,800円(1ヶ月当り9,900円以内)の減額
また 年収500万以下の世帯の場合
上記①+年額237,600円(1ヶ月当り19,800円以内)の授業料に対する補助などの支給が予定されている。


e0177961_171146.jpg

◎公立
〔制度編〕
推薦入試:平成22年2月8(月)~9日(火) 
   面接(個人か集団)・作文・(一部実技試験)
一般入試:平成22年3月9(火)     
   学力検査(5教科・リスニングテスト有り)

 
〔コース別〕
・進学系
筑紫丘・福岡中央・春日・筑紫・筑紫中央・福翔・武蔵台・太宰府・
・商工業系
福岡工業・(福翔)・博多工業・香椎工業・福岡女子商業・福岡農業


*メモ
 授業料無償化の実施予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
例年、2学期の期末テストが終了すると、各中学校では入試に向けての三者面談が実施される。そのため連日のように、塾に進路相談の電話や面談の申し出が多くなる。だから今回は、親御さんのために、来年の入試に関係した情報を載せてみた。

「政権交代」が実現した今、来年度以降の公立高校の授業料無償化が濃厚になっているようであるが、なにも公立だけではない。私立高校でも同額にあたいするだけの軽減措置は、やってくれそうである。つまり来年、私立高校に入学すれば現行私立より約12万円は軽減されることになるわけである。学力奨学生制度を利用して、最低でも半額免除を手にすれば月謝はもっと安くなる可能性だってあるわけだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
塾は教えて成績を上げる仕事!と肝に銘じてこの仕事をやっている。しかし、それよりももっと大切なことがある。それは、塾には中学校ほど大きなクラス変更がないため、学校の教諭以上に生徒情報を知っているということである。これは2年以上の通塾が条件になるが。そういう事実をふまえ、学習指導はもちろんだが、しつけや物事の考え方そして進路指導まで、的確な判断のもとで指導しなくてはならないと考えている。どこかの公立中学のように、自由な進路選択権を剥奪し、超画一的な進路指導などはもってのほかである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この高校選択は、最後の学び舎選びになると考えている。ブログなので、「どこの学校が良いです」などとは書けない。しかし、今の私立高校は、どこも一生懸命に指導されている。各私立高校の「必死さ!」がいつも伝わってくる。だからと言って私立高校を支援しているわけでもない。ただここ福岡では、以前から、あまり良いと感じられない考え方がずっと前から根強くある。それは、「公立高校至上主義。私立は公立のスベリ止め。」という考え方だ。それは、どうかな?といつも思う。

あすなろは公立合格だけがすべてではない。その子に応じた進路指導を、できる限りの奨学制度を利用した形で、しかも大学入試を考慮した上で実現している。公立入試に不合格の場合、自動的に私立高校に3年間通学するわけだから、「スベリ止め」という気休め的な発想で私学を選んでほしくない。そういう意味で、あすなろは私立専願受験も多い。公立合格が唯一「勝ち組」などと誰が決めたんだろう!

大切なことは、その後なのだ。私立でも公立でも、その子にとって、多面的に「輝ける環境」であれば良し!と考えている。わたしは、「最後の学び舎で、その子が自分の両足でしっかりと立ち、考え、決断し、そして大切な16~18歳の3年間を有意義に過ごしてほしい」と、切に願っている。
 
例年、高校入試の3年後には、たくさんの生徒が大学入試の結果報告をしに塾に来てくれる。私立公立関係なく。
  そのときに、いつも思うことがある。
      ~ あのときの「進路指導は、間違っていなかった」と。 ~
 
 p.s 保護者のみなさま、進路相談等はお気軽にお問合せください。あすなろ生以外でも受付いたします。
    私学の先生のみなさま、良いニュースがありましたら、いつでもあすなろに寄ってください。
    以前は、公立高校の先生も来ていたのですが、、、。

[PR]
Commented by ch-imai at 2009-11-28 11:28 x
塾長のおっしゃるとおりでございます。
公立とか私立とかの垣根を越えて、本当に行きたいところ、フィットするところに導くのが、私たちの役割ですね。
子どもたちの道は、入試で終わりじゃないですから・・・
Commented by akashi-asunaro at 2009-11-28 14:14
今井くん!コメントありがとう。わたしは、元気になりましたよ。
by akashi-asunaro | 2009-11-27 23:01 | Comments(2)