《 ひな祭り 》

e0177961_0104473.jpg
 

あかりをつけましょ ぼんぼりに
お花をあげましょ 桃の花
五人ばやしの 笛太鼓(ふえたいこ)
今日はたのしい ひな祭り

お内裏様(だいりさま)と おひな様
二人ならんで すまし顔(がお)
お嫁(よめ)にいらした 姉(ねえ)様に
よく似(に)た官女(かんじょ)の 白い顔

金のびょうぶに うつる灯(ひ)を
かすかにゆする 春の風
すこし白酒(しろざけ) めされたか
あかいお顔の 右大臣(うだいじん)

着物をきかえて 帯(おび)しめて
今日はわたしも はれ姿(すがた)
春のやよいの このよき日
なによりうれしい ひな祭り


「うれしいひな祭り」サトウハチロー作詞・河村光陽作曲

 どうですか?みなさん。4番までの歌詞をご存知でしたか。なつかしいですよね!
 私の娘は、たしか5歳ぐらいからこのうたを4番まで全部歌うことができました。


 親バカですいませんが、その姿があまりにも可愛らしくて、何度も何度も歌わせました。

 ◆今日、三月三日はひな祭り。俗に言う、「おんなの子の日」になります。
 だからと言って、うちには上の写真のようなひな壇や雛人形はありません。それは、他のご家族のみなさん以上に、うちにとって、まずいことで、特に「お父さん」である私にとっても重大な過失と言うか大罪を犯していると反省しています。

「早く、買ってあげないと!」

 
e0177961_0274920.jpg


 ◆元々、赤司家は長男、次男そして奥さんの4人の家族(あの私も含めて下さい)で、暮らしていました。でも、本当は「次男が女の子で生まれていたら最高だったんだがなあ」と思ったことがありました。すると、なんとコウノ鳥さんが、女の子を運んで来ました。
 
 いや~、うれしかったですね。私の人生で最高のプレゼントをいただいたと感じました。
 
 ◆おんなの子は、小さいときから体が強いですよね。ほとんど小児科に通っていないと記憶しています。それに比べて、上のあんちゃんたち2人は交互に病気をし、何度となく病院に行った覚えがあります。

 ◆うちの娘は、アホなあんちゃんたちの行動をずう~っと見ていますので、アホなことはしません。まあ、「オンナのコ」って、たぶんにそうでしょう。時々、発言するときも意外と、「上から目線」のようなことを言います。

 ◆最近のうちの娘は、うちの奥さんが私に注意していることを、同じように、同じ口調で私に注意します。
 「下着は、いつものところにお願いね!」 ...猛省
 「DVD観た?観てないなら借りないほうがいいんじゃない?」...汗

 ◆でも、この娘が生まれてから、いろんな意味で励まされました。「オトコのコ」も楽しいし、とてもアホなところがこれまた面白いですが、「オンナのコ」は男の子とは全くちがい、何か心が平安になるくらいの存在感があります。

 ただし、「今のあいだ」だけでしょうがね。だから、「大きくなってほしくない!」っていう感じです。もう少し大きくなると、「くさい」「キモい」などと言い出すからですね。(涙)

e0177961_111820.jpg


 ◆こんなうちの娘が平成十五年 三月三日に生まれました。今日で八歳になります。
  
  だから、「ひなの」と名づけました。
 


 p.s 今回は娘のことをブログに残しました。すいません。
 
[PR]
Commented by ch-imai at 2011-03-03 12:00
ひなちゃん、誕生日おめでとう!
娘の成長は嬉しいですが、このままでいてほしいと思う父親の気持ちもわかりますねー(笑)
Commented by akashi-asunaro at 2011-03-08 01:06
今井先生!コメントありがとう。今井くんも、「キモい、クサい」と言われないようにね。また、16日の反省会が近まってきました。
by akashi-asunaro | 2011-03-03 00:56 | 日常の出来事 | Comments(2)