《 まっすぐな気持ちとハードル そして 卒業式 》

みなさんは、予想以上に「高いハードル」に対して、どのような対策を講じてジャンプしますか?
 
 おそらく、無理だと感じて跳ばない人もいることでしょう。
 あるいは、かなり前から練習を積み重ねて挑戦する人もいるかもしれません。

 
e0177961_213949.jpg

 あすなろの今年の中3生は、あえて高いハードルを選び、挑戦した生徒が多かったようです。

 今年の公立高校入試の結果は、全員合格した高校があったり、逆に受験した半数以上の生徒たちが涙した高校もありました。
 私たち職員も、生徒や保護者と同じ気持ちを分かち合うためにも、合格発表を見に行きます。毎年のことですが、このときは非常に気持ちが複雑になってしまいます。ですから、毎年、毎年、反省をするのですが、残念ながら、いつも同じ複雑な気持ちを持ってしまいます。それは、やはり100%の合格がなかなか難しいものだからです。

「大丈夫!」と思って送り出していても、やはり15才。良いも悪いも、とにかく何かが起こったりします。

 しかし、今年の生徒たちは、みんな「まっすぐな気持ち」の生徒ばかりでした。

 48の親父が、15のキミたちから教えられました。

 ~  「まっすぐな気持ち」 ~

 みんな、とても見事でした。先生は、けっして忘れません。みんな、ありがとう。

e0177961_2142254.jpg

さて、

 今回のこのハードル!

 跳び越えることができた人。
  次は、もっと高いハードルがあるから、気を抜かないように!

 惜しくも跳び越えることができなかった人。
  先生は、おそらく「靴ひも」がほどけて、そうなったと考えています。
  だって、先生は「跳べる」と思ったからです。
  だから、次は「靴ひもをきちんと結んで!」跳んでください。
  そうすれば、今度はきっと、跳べると思います。


 先生もキミたちの後輩たちに、「靴ひもをきちんと結んで!」跳ぶように、必ず言っておきます。

【あすなろ中3生の保護者のみなさまへ】
 当塾を選んでいただき、ありがとうございました。残念ながら、願いが叶わなかったご家庭には、当塾の指導に対して何らかの落ち度があったことは認めざるをえません。それは、指導における熱意、声かけ、教授法、進路指導などのどれかが抜け落ちていたのだと痛感しております。深く反省するとともに、これから、新たなる十字架(課題)を背負い、指導に邁進していく所存であります。
  今まで、ありがとうございました。
 
                 あすなろ伸学舎 塾長 赤司 穣


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




話を変えまして、

息子が今日、小学校を卒業しました。

e0177961_2153141.jpg


小1のときは、背丈は前から1、2番でしたので、ランドセルがとても大きく見えたのですが、卒業時には真ん中になるくらい大きくなりました。

 卒業式全体は、しっかり練習され、みんなが元気よく、無駄のない機敏な動きが目立ち、一人ひとりの成長ぶりにとても驚かされました。校長先生や来賓の方々の祝辞では、みなさん全員が東日本大震災での被災地の方々の話に触れられ、哀悼の念と卒業の開催そして周囲の方々への感謝の気持ちを忘れないようにと話されていました。

 今回は涙しませんでしたが、非常にまとまった良い式でした。

 小学校の先生方、6年間のご指導、ありがとうございました。

 そして、あすなろの小6のみんなも、卒業おめでとう!

e0177961_216018.jpg


さて、これからうちの息子も中学生になります。

 まったく前途多難で、心配でたまりません。

 うちの子どもも
      あすなろっ子のような「まっすぐな気持ち」を
            早く持てるように成長してほしいと願っています。

                                 以上 

 p.s  2011年の私立・公立高校の第1志望合格率は33/44 75%でした。
[PR]
Commented by 西 at 2011-03-19 00:03 x
お疲れさまでした。
いつも思いますが、大変なお仕事です。真似できません。

それはそうと、うちの娘も今日小学校を卒業しました。
東北を思えば、申し訳ないほどの幸せ。
いただいたこの幸せを大切に育んでいかねばと思いました。
Commented by akashi-asunaro at 2011-03-19 21:33
西さん、娘さんのご卒業!おめでとうございます。これから娘さんのご相談も受け付けますよ。そのかわり、IT関連でのご指導を宜しくお願いしますね。
by akashi-asunaro | 2011-03-18 22:12 | 学習 | Comments(2)