《 徒然ダイアリー 》 55 ~ 手間を省けば、高くつく?  ~

 みんな、面倒くさいことは嫌だと思います。

 私もどちらか言えばそうです。

 今では、「手間を省くこと」が、いつのまにか「便利なこと・もの」になってしまいました。

 デジタル化もその一つ。しかし、アナログも時には必要だと感じています。

 
◆うちの塾の近くに自動販売機が2台あります。

 1台は歩いて10歩のところにありますが、缶コーヒーの値段は120円。もう1台は歩いて約100歩で、値段は100円。

 状況に応じて買っていますが、明らかに近い自動販売機で買っています。

 「あ~、また罪を犯してしまった!」などと言いながら買っています。

◆これは、まさにコンビニが儲かっていることと全く同じ理論です。

 つまり「手間を省く」かわりに少し高いお金を払っているわけです。
 (夜間の販売はこの限りではありませんが、、、。)

e0177961_1141318.jpg


 この考えが以前からずっと私の頭の中に残っています。

 「手間を省けば、高くつく」って。

■今春から、個別指導の「マイセルフプラス」を始め、夏に2桁の人数になりました。

 「報告書」を、全講師に指導終了後に、けっこう細かく書かせました。
  正直言って、「面倒くさいだろうなあ」と感じていましたが、「手間を省けば、、、」がどうにも忘れきれずに、ずっと続行していました。

■昨日、マイセルフプラス受講の保護者からTEL相談がありました。

 その際に、この報告者が活躍してくれました。しかも、こと細かく指導状況を説明できましたので、驚かれました。

 ◎この仕事こそ、「手間をはぶけば、高くつく」と痛感しました。


 なんか手前味噌のような話で、すいません。
                        以上

 
[PR]
by akashi-asunaro | 2011-09-21 01:22 | 日常の出来事 | Comments(0)