《 2012 公立高校入試の結果とこれからの学習法 》

 久々の更新です。

 どちらかと言えば、「あえて、、、。」と言ったほうが良いかもしれません。

 この21日間は、とても長く感じ、公立高校の合否発表が終わると、短く感じてしまう。

 結果的には、そんな複雑な気持ちを抱いてしまった期間でした。


 先ほどの「あえて、、、。」という言葉を使ったのは、高校入試の倍率をみなさんが入試まで何度も見られるだろうということからでした。
 3月1日から21日までのPC訪問者数は3,600(1日平均180)と、けっこうなアクセス数でした。
 ありがとうございました。これからは、また頻繁に更新していきます。

e0177961_23351116.jpg

★さて、公立高校入試の結果ですが、

 今年のあすなろの中3は、少なかったので他塾のようにボリュームがありませんし、また少ない人数ですから具体的な数字を挙げますと、何かと問題になりますので、全体の合格率で書きますね。

 合格率は約82%。
 
 あと一歩とどかなかった生徒は、2名でした。

 そして、私立公立合わせての第1志望合格率をはじいてみますと、90%。

 どのように数字をはじいても、公立入試で2名の不合格を出してしまったことに変わりありません。
 
 とても残念で悔しいですが、これが現実なんですね。

 どちらにしても、これから3年後は大学入試がありますので、今春4月から心機一転!みんな高校生活で、がんばってほしいと願っています。

e0177961_23362037.jpg

★また、これから受験生になる新中3生のみなさんや先生方に私なりにアドバイスしますと、
 
 福岡県の公立入試問題は、難化傾向にあります。そのため、パターン学習や傾向と対策などで日々教場で学習やご指導されると思います。が、それも大切なことですが、

 あらゆる問題に対して、柔軟に対応できる能力を持つ必要があります。そのためには、「なぜ、どうして」と、疑問を抱いてそれに納得した学習が必要だと考えています。

 つまり、公立入試の問題は、そういう能力が要求されるわけなんです。

 あくまでも、形式にこだわらず、「理解力」「読解力」「表現力」そして「創造力」が身につく学習や指導が必要かと思っています。これからの指導者は大変です!

 特に、英語に関しては、とても難しく偏差値55以下の生徒たちには、楽に解けないと思います。

 3~4年前から国語が難化し、お次は英語の番になってきたのかな?なんて思っています。

 こういうことから、現中2、中1の定期テストには、長文や読解問題そして条件英作文が出題され、平均点が年々と下がってきています。

 まあ、学校の先生方に負けないように、がんばりますわ!

◆最後に、思い出の写真を何枚か掲載します。

e0177961_23444629.jpg


e0177961_23452462.jpg


e0177961_23454437.jpg


e0177961_23472712.jpg


e0177961_001724.jpg


e0177961_012691.jpg


e0177961_042954.jpg


e0177961_0423163.jpg


e0177961_004986.jpg


e0177961_023657.jpg


e0177961_0425011.jpg


e0177961_043841.jpg


e0177961_0432756.jpg


うん、みんながんばった!おつかれさん。

みんな、これで「あすなろ中学部課程」は修了です。

みんなちょっと、休んで今度は春期講習でまた鍛えます。

次は、「あすなろ高等部課程」のラストステージ! イコール 大学入試へトライ。

がんばって、いくぞ!

                  以上 



 
 
[PR]
Commented by 西 at 2012-03-26 12:44 x
生徒さん達との一年間お疲れさまでした。
そしてまた一年間の始まりですね。
休む間もない塾のお仕事、本当に頭が下がります。
お体を壊さぬよう、これからも生徒さんのために力を注いでください。

あ、先日いただいたアドバイスに従い、髪を染めました(笑)
Commented by akashi-asunaro at 2012-03-28 14:23
西さん!コメントありがとうございます。また、この1年宜しくお願いします。私も近々、髪を染めます。ブラックに。
by akashi-asunaro | 2012-03-23 00:59 | 思い出 | Comments(2)