《 福岡県公立高校入試倍率 》 ~第5学区各高校の平均倍率編~ 

 
                H25    H24    H23   H22    H21  平均倍率
 筑紫丘    計     1.70   1.51   1.66   1.52   1.50   1.58
         理数    3.03   2.48   2.20   2.00   2.20   2.38
         普通    1.57   1.41   1.61   1.47   1.43   1.50
         *裏倍率  1.77   1.56   1.73   1.57   1.55   1.64

 福岡中央         1.55   1.54   1.47   1.43   1.69   1.54

 春日            1.27   1.37   1.44   1.38   1.27   1.35

 筑紫            1.19   1.40   1.39   1.21   1.59   1.36

 筑紫中央         1.59   1.54   1.50   1.61   1.59   1.57

 武蔵台           1.35   1.04   1.47   1.28   1.34   1.30

 太宰府   計      1.00   1.07   1.23   1.36   1.37   1.21
        普通     0.99   1.03   1.23   1.41   1.41   1.21
        英語     1.00   0.93   1.10   0.95   1.05   1.01
        芸術     1.08   1.38   1.28   1.00   1.08   1.16

  志望校選択および決定の際の参考資料にしてください。
   
 上記の筑紫丘*裏倍率とは、私が勝手に名づけたのですが、意外と知られていない倍率です。
そもそも、理数科受験で合格できなかった受験生は、志望すれば普通科への転科合格が可能になります。H25の場合、理数科不合格で普通科で学力検査される生徒は、121-40=81名。普通科での受験者数627名に81名加算されますので、計708名。そして定員は400名ですから、倍率は1.77になり、公表倍率1.70とは異なるわけです。(あくまでも理数科受験生の全員が普通科へ志望した場合)

 あまり倍率を気にしないで!といわれる先生もいますが、それは学力相当の受験校を志望している生徒への言葉だと思いますよ。基本的に、定員が400名の高校の場合、1.25の倍率を超えると100名以上の受験生が涙を流すことになります。そのため、1.25を超える場合は慎重に、、、。

 上記表で見てみますと、筑紫丘、福岡中央、筑紫中央は平均倍率が高いことがわかります。ですから、ボーダーと言われる偏差値は超えておかないと、、、。しかし、この地区はどちらにしても高い倍率で激戦区になっています。

    以上

 みんな、がんばれ!
[PR]
Commented by 吉村直樹(今日で300日) at 2013-10-17 16:39 x
先生、先日はご出席頂きありがとうございました。秋も深まり朝夕少し寒くなりました。受験生のご指導にも熱が入ってくるころでしょう。お互いに頑張りましょう!!
Commented by akashi-asunaro at 2013-10-17 18:14
吉村先生!こちらこそ、先日は校舎案内までしていただき、ありがとうございました。いきなりの校舎視察にもかかわらず、貴校の生徒たちは真剣に授業をうけていたことに感心いたしました。また、それがとても安堵感を覚えました。
by akashi-asunaro | 2013-10-12 17:13 | 教育 | Comments(2)